目次

[1]すごくなった藤浪、澤田に追いつきたい思いが今の原動力
[2]大学野球では徐々に自分のピッチングを取り戻す
[3]成長のポイントとなったフォームチェック 自信をつかんだ都市対抗のピッチング


 今年のドラフトでは大阪桐蔭根尾 昂藤原 恭大の2人が注目されるが、大阪桐蔭OBとして指名を期待されるのが平尾奎太(Honda鈴鹿)である。高校時代は藤浪 晋太郎(阪神)、澤田 圭佑(オリックス)に続く大型左腕として春夏連覇を経験している。平尾は高校時代には難病を乗り越えて、社会人野球を代表する左腕までに成長した。そんな平尾の歩みを追っていく。

すごくなった藤浪、澤田に追いつきたい思いが今の原動力

――間近で見てきて実際に藤浪選手や澤田選手はすごくなっていましたか?

平尾奎太 投手(以下、平尾):やっぱり差は広げられたと感じます。

―― やっぱり何年かかけて2人に近づきたい思いになったのでしょうか?

平尾:藤浪は高校でプロ、澤田は大学からプロに入って、特に藤浪は、僕が大学1、2年の時に第一戦で活躍していたので、やっぱり追いつきたいなっていうのはずっと思いながらやってきました。2人の存在は良い刺激にもなりますし、追いつきたい思いが原動力となっています。

―― 同志社大学に進んだきっかけは何かあったんですか?

平尾:病気のこともあって関西の近くの大学に行った方が良いということで決断しました。
 結果的にも大学に入ってからは入院もしていたので、関東に行くより、病院に行きつつ頑張ろうと思って。やっぱり勉強の方もすごいですし、野球もしっかり力を入れているところに行きたいと思っていたところが同志社でした。
 同志社大学からも欲しいと言ってもらえて、縁があって学校の指定校推薦で行くことができました。

―― 同志社大に進んで2年間は治療をしていたとか?

平尾:完全に治るまでは野球は禁止という感じで、高校の時に主治医にお願いした時に約束したので。高校3年の8月までやる代わりに、それが終わったら完治するまでは先生の言うことをしっかり聞くようにと言われて、わかりましたと。 大学の野球部もそれを理解してくれて、僕を受け入れてくれたんですよね。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。