第790回 諦めずにつかんだエースの座 平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.22018年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]すごくなった藤浪、澤田に追いつきたい思いが今の原動力
[2]大学野球では徐々に自分のピッチングを取り戻す
[3]成長のポイントとなったフォームチェック 自信をつかんだ都市対抗のピッチング


 今年のドラフトでは大阪桐蔭根尾 昂藤原 恭大の2人が注目されるが、大阪桐蔭OBとして指名を期待されるのが平尾奎太(Honda鈴鹿)である。高校時代は藤浪 晋太郎(阪神)、澤田 圭佑(オリックス)に続く大型左腕として春夏連覇を経験している。平尾は高校時代には難病を乗り越えて、社会人野球を代表する左腕までに成長した。そんな平尾の歩みを追っていく。

すごくなった藤浪、澤田に追いつきたい思いが今の原動力


平尾奎太(Honda鈴鹿)

――間近で見てきて実際に藤浪選手や澤田選手はすごくなっていましたか?

平尾奎太 投手(以下、平尾):やっぱり差は広げられたと感じます。

―― やっぱり何年かかけて2人に近づきたい思いになったのでしょうか?

平尾:藤浪は高校でプロ、澤田は大学からプロに入って、特に藤浪は、僕が大学1、2年の時に第一戦で活躍していたので、やっぱり追いつきたいなっていうのはずっと思いながらやってきました。2人の存在は良い刺激にもなりますし、追いつきたい思いが原動力となっています。

―― 同志社大学に進んだきっかけは何かあったんですか?

平尾:病気のこともあって関西の近くの大学に行った方が良いということで決断しました。
 結果的にも大学に入ってからは入院もしていたので、関東に行くより、病院に行きつつ頑張ろうと思って。やっぱり勉強の方もすごいですし、野球もしっかり力を入れているところに行きたいと思っていたところが同志社でした。
 同志社大学からも欲しいと言ってもらえて、縁があって学校の指定校推薦で行くことができました。

―― 同志社大に進んで2年間は治療をしていたとか?

平尾:完全に治るまでは野球は禁止という感じで、高校の時に主治医にお願いした時に約束したので。高校3年の8月までやる代わりに、それが終わったら完治するまでは先生の言うことをしっかり聞くようにと言われて、わかりましたと。 大学の野球部もそれを理解してくれて、僕を受け入れてくれたんですよね。

【次のページ】 大学野球では徐々に自分のピッチングを取り戻す

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

平尾奎太
平尾奎太(ひらお・けいた)
  • ポジション:投手
  • 身長:188センチ87キロ
  • タイプ:左投左打
  • 大阪桐蔭-同志社大-Honda鈴鹿
【関連記事】
第991回 知られざる主将としての重圧。すべてを乗り越え、夏は大爆発を 中野波来(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第990回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】【野球部訪問】
第629回 夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】【野球部訪問】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第946回 関西屈指の野球センスを持った「次世代の二刀流候補」 谷口勇人(京田辺ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー