第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】2018年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学時代のチームメイトには、あの“スラッガー”も
[2]捕手コンバート案の浮上から“エース”になるまで

  同僚のスラッガー・水谷 瞬とともにプロ志望届を提出した靏 仁石見智翠館)。力強い直球だけでなく、機敏なフィールディング、ターンの鋭い牽制技術も兼ね揃えた総合力の高さが売りの右腕は、「プロ(NPB)から指名がなかった場合は、独立リーグに進む」と進路を定めている。「1年でも早くプロへ」。この熱い思いを胸に練習に励む右腕を突き動かすものとは。

中学時代のチームメイトには、あの“スラッガー”も


靏 仁(石見智翠館)

 福岡県北九州市出身の靏 仁。小学校時代に軟式野球チームの徳力パワーズで野球を始め、中学時代は中間ボーイズで硬式に転向。中学時代のチームメイトには、高校生ドラフト候補屈指の右の大砲と呼ばれている濱田 太貴明豊)がいた。当時捕手を務めていた濱田とはバッテリーを組んだ経験もある。

 「中学3年の時には、県外で勝負しようと気持ちは固まっていた」と話す靏。数ある選択肢のなかから島根への野球留学、石見智翠館を選んだ理由は何だったのか。

 「中間ボーイズ時代の監督さんが僕の性格をよく理解していてくださって。信頼できる監督さんから『末光(章朗)監督の下で野球をやるのが、一番合っていると思うぞ』とアドバイスをいただいたのが大きな決め手になりました。また、ボーイズOBの白橋勇三さん(江の川時代の2003、2005年夏の甲子園に出場)からも『お前は智翠館がいいと思う』と同じように薦めていただいたこともあり、決めました」

 本気で甲子園、プロ入りを目指すには寮生活で自分を追い込んだ方がいいという思いもあり、迷わずに石見智翠館へと進むことを決意した。

【次のページ】 捕手コンバート案の浮上から“エース”になるまで

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

靏 仁
靏 仁(つる・じん)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 石見智翠館
【関連記事】
第7回 日章学園高校(宮崎県)「3333段の階段ダッシュもこなし、狙うは全国上位!」【冬が僕らを強くする2019】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第73回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「打たれた経験も、猛勉強した経験も成長には欠かせないものだった」【前編】【高校野球コラム】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
靏 仁(石見智翠館) 【選手名鑑】
水谷 瞬(石見智翠館) 【選手名鑑】
石見智翠館 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
浜田商 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー