第792回 「軽く振って飛ばす」ことで自信が芽生えた中国地方注目スラッガー・水谷瞬(石見智翠館)【前編】2018年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「甘え」を捨てるために島根へ
[2]驚愕させられた先輩の弾道
[3]「軽く振っても飛ぶ」ことに気づけた

 今春の島根大会準決勝から、中国大会初戦までの3試合連続で本塁打を放ち、「中国地区屈指のスラッガー」として脚光を浴びた水谷 瞬石見智翠館)。優勝候補に挙げられて臨んだ今夏の島根大会では、決勝で敗れ、惜しくも全国でその打棒を披露することは叶わなかったが、準々決勝で2本塁打を放つなど、4番としてチームを牽引。そして「上の世界で勝負してみたい」とプロ志望届を提出した。ドラフト指名を心待ちにする長距離砲は、「自分の能力に自信を持てなかった」とも語る。何をきっかけに自分の打力に自信を持ち、飛躍のきっかけを掴んだのか。今回、グラウンドで水谷本人に自身の歩みを語ってもらった。

「甘え」を捨てるために島根へ


水谷瞬(石見智翠館)

 愛知県津島市出身の水谷 瞬。小学生時代に、地元の軟式野球チーム・神島田クラブで野球を始め、中学時代は津島ボーイズでプレーを続けた。小中学生時代に所属した2チームはともに「練習の厳しいチームだった」と振り返るが、自分自身を限界まで追い込んだ経験はなかった、とも語る。

 「練習量も多く、厳しいチームで野球をやっていたんですが、全体練習の後の自主練習で更に自分を追い込んだり…といったことはあまりできていませんでした。厳しいこと、苦しいことからついつい逃げてしまう、そんな『甘え』が捨てきれない自分がイヤだったんです」

 実家から通うことのできる地元の高校への進学では、また同じことを繰り返してしまう。距離的に近い東海圏の学校に進むと、家族は何かと自分を気に掛けてくれるだろう。しかし、それでは同じように優しさに甘えてしまう。そこで、故郷から遠く離れた学校への進学を考えるようになったという。

 所属していた津島ボーイズから石見智翠館への進学実績があったわけではない。自分自身で調べ、「ここで頑張りたい」と決意した。そして、中学3年の6月、学校、野球部のグラウンドを見学するために、人生で初めて島根の地に訪れた。

【次のページ】 驚愕させられた先輩の弾道

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

水谷 瞬
水谷 瞬(みずたに・しゅん)
  • ポジション:一塁手・左翼手
  • タイプ:右投右打
  • 石見智翠館
【関連記事】
第951回 15本塁打の八戸学院光星vsジャイキリの誉の開幕戦は激戦の予感!開幕日3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第6回 石見智翠館高等学校(島根)【4年ぶり10回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
第793回 高校野球3年間で身につけた自信を胸にプロへ挑む水谷瞬(石見智翠館)【後編】 【2018年インタビュー】
水谷 瞬(石見智翠館) 【選手名鑑】
石見智翠館 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
益田東 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー