第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ2018年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球との出会い
[2]近江高校の中心選手として甲子園へ
[3]甲子園での経験を高校野球最後の1年に捧げる

近江高校の中心選手として甲子園へ


有馬諒(近江)

――近江では1年春からベンチ入りしましたが、どこをアピールできたと思いますか? 

有馬:肩の強さはアピールできたと思います。最初はリードを見てもわからないので、ノックに入った時に肩の強さをアピールしたのが繋がったと思います。 

――1年秋は初めてレギュラーとして出場して近畿大会4強まで進みましたが、振り返ってみてどうでしたか? 

有馬:緊張することなく冷静に自分の最大限の実力を出せたのが結果に繋がったと思います。僕はどちらかというと緊張よりもワクワクするタイプです。 

――今年の春に早くも甲子園出場という目標を達成しましたが、実際にプレーしてみてどうでしたか? 

有馬:元々、打撃は得意ではないのに打撃で活躍できました。リード面でも金城 登耶さんと林 優樹をしっかりリードでき、自分の実力以上を出せたので、甲子園の凄さを実感した大会だと思います。 

――センバツで出た課題は何かありましたか? 

有馬:星稜奥川 恭伸投手に対して完全に力負けしてしまったので、体重を一から増やすことを心掛けました。ピッチャーも最後に打たれたのは高めに浮いた球でしたし、一球の怖さを知ることができた大会でした。ピッチャー陣は体力が消耗するとボールが高めに浮く傾向があるので、体力を強化して失投してもボールが低くなるようにということを心掛けました。 

――夏も県大会を勝ち上がって甲子園に行くことができましたが、県大会の戦いはどうでしたか? 

有馬:初めて夏の大会にベンチ入りしましたが、言葉に表せない球場のオーラがやりにくさを感じました。自分を成長させてくれた大会だと思います。結果だけを見ると大勝しているかもしれませんが、内容ではしんどい試合が続いていたので、そこを勝ち切れたことで精神力がついたと思います。後半勝負になる試合はキャッチャーからしてかなり厳しいです。 

――夏の甲子園では初戦で智辯和歌山と対戦することになりましたが、決まった時はどう思いましたか? 

有馬:センバツ準優勝している総合力の高いチームだと思っていましたが、負ける気はなかったです。 

――相手打線の分析はしましたか? 

有馬:けっこうしましたね。最小失点に抑えられるかは自分にかかっていると思っていたので、かなり自分の中でも研究したつもりです。うちの林はチェンジアップが使いにくいので左打者を苦手としていましたが、林 晃汰選手に対しては思い切ってチェンジアップを使おうと思いました。それがいい結果に繋がったと思います。 


有馬諒(近江)

――この夏は投手4人で戦いましたが、それぞれのよさを活かすために心掛けたことはありますか? 

有馬:それぞれの持ち味を生かすために練習試合から練習してきたつもりだったので、相手や場所は関係なく練習のまますることを心掛けました。 

――4人の投手はそれぞれどんな性格ですか? 

有馬:金城さんと佐合 大輔さんは強気なタイプという認識で松岡 裕樹さんと林は自分が引っ張っていくという認識です。タイプが似ていてもかける言葉は考えながらコミュニケーションを取るようにしています。 

――甲子園では盗塁阻止や牽制で走者を刺すプレーが目立ちましたが、スローイングで意識していることはありますか? 

有馬:夏の県大会で二塁に暴投を投げることがあったので、強い速いボールよりも正確に投げることを意識しました。自分は上半身だけで投げてしまう癖があるので足から始動するスローイングを意識しています。 

――キャッチングはワンバウンド処理で意識していることはありますか? 

有馬:キャッチングではキャッチャーミットを止めることを意識しています。体で止めるにあたってはピッチャーのこれからの投球にも関わってくると思うので、腕に当たろうとも前に止めることを意識しています。 

――リード面でも高く評価されていますが、心掛けていることや日頃から勉強していることはありますか? 

有馬:相手打者の特徴やピッチャーの持ち味を掛け合わせて自分の頭の中でシナリオを描きながら試合に臨んでいるので、特に参考にしている選手はないです。 

【次のページ】 甲子園での経験を高校野球最後の1年に捧げる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
有馬 諒(ありま・りょう)
  • ポジション:捕手
  • 身長:184センチ75キロ
  • タイプ:右投右打
  • 近江
【関連記事】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
金城 登耶(近江) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
林 晃汰(智辯和歌山) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー