第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ2018年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球との出会い
[2]近江高校の中心選手として甲子園へ
[3]甲子園での経験を高校野球最後の1年に捧げる

 2年生ながら近江の正捕手として夏の甲子園8強入りに貢献した有馬 諒。複数の投手の持ち味を活かす巧みなリードと強肩で世代最高捕手との呼び声も高い。新チームからは主将に就任し、4番捕手と文字通りチームの中心選手となっている。今回は有馬に捕手としての心構えや甲子園での戦いについて聞いてみた。

野球との出会い


主将として先頭に立ってランニングをする有馬諒(近江)

――野球を始めたきっかけは何ですか?

有馬諒(以下、有馬):父が野球観戦が好きだったので、それで自分も興味を持ち始めました。小学1年生の秋に友人から地域の少年野球チームに誘われたのが始めたきっかけです。

――捕手を始めたのはいつからですか?

有馬:小学3年生から始めました。キャッチャーミットの形が他のグローブと違うところに魅力を感じていました。自分は人と違うことをするのが好きだったので、ポジションの希望を聞かれた時にキャッチャーと答えました。

――実際に捕手をやってみてどうでしたか 

有馬:小学生の頃は変化球がないので特にリード面はなく、肩には自信があってそれなりに投げられていたので、特に難しさを感じることなくノビノビやっていました。

――中学では硬式のクラブチーム(ヤング・奈良ウイング)に入ったのは何故ですか? 

有馬:甲子園に出るような強豪に行きたかったので、硬式に慣れて強豪校から声がかかるようになりたいと思っていたからです。

――中学時代の思い出は何かありましたか? 

有馬:自分は体で止めるのが苦手で、そういったところからキャッチャーの大事さと難しさを感じました。キャッチャーの難しさと楽しさを知る期間だったと思います。 

――捕手の楽しさを感じる時はどんな時ですか? 

有馬:盗塁を刺した時もそうですし、バッターが思ってもないボールで三振を奪うのはピッチャーの手柄ですけど、自分の中でもやりがいを感じます。 

――奈良県から近江高校に行こうと思った理由は何ですか? 

有馬:甲子園出場を第一目標に高校を選ぼうと思っていました。京山 将弥(横浜DeNA)さん世代の甲子園を見て、点数は取られましたが、バッテリー中心に作っていく多賀(彰仁)監督の野球に魅力を感じて、自分の実力をここで試したいと思ったのがきっかけです。 

【次のページ】 近江高校の中心選手として甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
有馬 諒(ありま・りょう)
  • ポジション:捕手
  • 身長:184センチ75キロ
  • タイプ:右投右打
  • 近江
【関連記事】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第562回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!2018年大阪桐蔭のようなチームを目指したい「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第560回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!神宮大会決勝戦敗退で見えたチームの甘さ「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第80回 『全国制覇』へ 影でチームを支えサポートしたい! 星稜マネージャー【頑張る!マネージャー】
第557回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!手探りの中で勝ち上がった秋季大会「山瀬 慎之介、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
金城 登耶(近江) 【選手名鑑】
林 優樹(近江) 【選手名鑑】
林 晃汰(智辯和歌山) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー