第784回 長く野球に携われる選手に!研究熱心で高い向上心を持つ清水昇(国学院大)【後編】2018年10月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]イメージとチェックの重要性
[2]長く野球に携わる選手になる!

 前編では清水 昇投手の高校時代から国学院大に入学してからの経緯。そして大学から力の抜き方や球速アップの秘話を語ってもらった。後編の今回は、球速だけではなく、切れや変化球、さらにコントロールのことを語っていただきました。そして今夏の大学代表のエピソード、最後にドラフトへの想いにも迫りました。

戦国東都で最優秀防御率獲得右腕!帝京高で学んだ高校時代 清水昇(国学院大)【前編】

イメージとチェックの重要性


キャッチボールをする清水昇(国学院大)

 球速は今年の8月に自己最速151キロをマークしたが、球速だけでなくキレを出すためにキャッチボールも工夫している。
 「徐々に距離を伸ばしていって50mくらいの距離から助走なしで低い球を投げるようにしています。距離を遠くするとボールが少し浮いたとかシュート回転したとか、わずかな乱れもすぐに分かるので一球一球、フォームを確認しながら投げることができます。そうやって長い距離を良い回転のボールで投げ、距離を短くしてからも同じ意識で腕を振れば伸びのある真っすぐを投げる感覚が身に付くと思います。ただ、50m以上の遠投になると、フォームが崩れてしまうので自分はやっていません」

 変化球も高校と大学で中心にする球種が変わった。
 「高校時代の決め球はフォークだったのですが、真っすぐと球速差がありすぎると、バランスを崩しながらも軽く当てられてヒットになってしまうことが多かったんです。だから、とにかくスピードに差が付かないように、ボールを抜かずに投げていました。大学に入ってからはツーシームを使い始めています。
 高校の頃から練習はしていたのですが今ひとつだったんですけれど、東都ではツーシームが良いピッチャーが多くて、目の前で見ているうちにイメージが掴めてきたんです。やっぱり自分の感性で気付くことがあると習得しやすいところがあるんですよね。だから、アドバイスをもらった時も、自分は野球ノートに書き込むのですが、アドバイスの言葉をそのまま書くのではなく、自分の言葉で解釈して、自分なりの擬音なんかも使って書く。そうすると、イメージが作りやすいんです。」

 また、制球が安定しているのも清水投手の長所だ。
 「ピッチング練習では、まずコースのラインに合わせて投げるように意識しています。アウトローへ投げるにしても、その一点だけを狙っているとわずかなズレも許せなくなるので、最初は高低を気にせずにアウトコースへきちんと投げる。それができるようになったら、ラインを変えずにボールを低めに集めるようにする。そうやって段階を踏んでいくのが良い方法だと思います。
 あとは自分の良い時のフォームと、悪い時のフォームを知ることが大切です。その両方が分かっていれば試合中でも修正することができるので、ピッチング練習をしているところを動画で撮影してもらって、自分でチェックしながら研究するようにしています。」

【次のページ】 長く野球に携わる選手になる!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
清水 昇(しみず・のぼる)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ81キロ
  • タイプ:右投右打
  • 帝京-国学院大
【関連記事】
第984回 【都大会決勝戦展望】10年ぶりの優勝を狙う帝京か2連覇を狙う国士舘の一戦の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第983回 【都大会準決勝展望】帝京vs創価は激戦必至!都立城東は昨秋優勝の国士舘にどんな戦いを見せるのか?【大会展望・総括コラム】
第96回 絶対に諦めない戦闘集団へ変貌した帝京!復活へのプロセスを探る【高校野球コラム】
第243回 神宮第二のラストデーで躍動した逸材たち 優勝を狙える戦力を揃えた帝京【ドラフト特集コラム】
第1046回 山田知輝(東洋大)「フライボールスラッガーは挫折をバネにプロの世界で花を咲かせる」【後編】 【2019年インタビュー】
第1045回 山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 【2019年インタビュー】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語る、バッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
梅津 晃大(仙台育英) 【選手名鑑】
清水 昇(帝京) 【選手名鑑】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー