第843回 「高校でも最低1回は全国制覇をしたい」リトルシニア全国制覇のエース・池本琳(世田谷西リトルシニア)2018年11月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]バッティングでは広角に長打が打てること、ピッチングではコントロールが持ち味
[2]NPBよりもMLBに興味「シャーザーのようなピッチャーになりたい」

 日々の地道なトレーニングの甲斐もあり、全国制覇に貢献することが出来た池本選手。そんな池本選手は来春、全国制覇の経験もある神奈川県内の強豪校へと進学予定だ。
 輝かしい実績を引っ提げて高校野球の舞台へと進むわけだが、ここからは高校野球での目標や理想とする選手像についても迫った。

NPBよりもMLBに興味「シャーザーのようなピッチャーになりたい」



ピッチングを行う池本琳(世田谷西リトルシニア)

―― 普段からトレーニングは欠かさないとのことでしたが、今年の夏の甲子園は見ましたか?

池本 見ました。横浜金足農試合が印象に残っています。8回に逆転ホームランが出て、最後は吉田 輝星投手が締めるという展開がすごく印象に残っていて、絆を感じましたね。

―― あの試合はすごかったですよね。ちなみにプロ野球の試合は普段見たりしますか?

池本 自分は日本のプロ野球よりもメジャーリーグをよく見ます。特にシャーザー(ナショナルズ)投手が好きで、シャーザーのようなピッチャーになりたいと思います。

―― それでは最後に高校野球での目標をお願いします

池本 高校1年の春からベンチ入りして、高校2年でスタメンに入り、高校3年でエースなりたいと思います。また、最低でも1回は全国制覇したいと思います

 インタビュー中は人懐っこく、明るいノリで答えてくれた池本選手。だが、そのコメントの一言一言からは、実力者特有の自信と野心が感じられた。

 「最低でも1回は全国制覇したいと思います」
 その言葉の裏を返せば、複数回の全国制覇を狙っているということである。野心溢れるマルチプレーヤーの活躍が今から楽しみでならない。

文=栗崎 祐太朗

あわせて読みたい!
プロの舞台だけを見据えるU-15の本格派左腕・金井 慎之介(東京城南ボーイズ)
「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス)


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

池本 琳
池本 琳(いけもと・りん)
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投右打
  • 世田谷西シニア
【関連記事】
第38回 方針はあくまで底辺拡大。名門・世田谷西シニアが「勝利」でなく「野球の楽しさ」を追及する理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第845回 リトルシニア屈指のリードオフマン・内囿光人(世田谷西リトルシニア)が見据える高校野球とは?! 【2018年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー