目次

[1]控え投手で終わった高校時代。野球は高校で終わるつもりだった
[2]ピッチング禁止令も下った下級生時代
[3]意識を変え、最終学年に素質が開花


 今年の社会人を代表する速球投手といえば、Hondaの齋藤友貴哉投手だ。184センチの長身から投げ込む速球の最速は153キロ。Hondaの主戦投手として2年間活躍を見せてきた。そんな齋藤は高校時代は控え投手。それもほとんど公式戦での登板がない投手だった。齋藤はいかにして才能を開花させたのか。野球を始めてからこれまでのストーリーを振り返っていく。まず前編では社会人入りするまでの軌跡から。

控え投手で終わった高校時代。野球は高校で終わるつもりだった

 齋藤が野球に出会ったのは小学校3年生。齋藤が入った少年野球チームで同学年が9人しかいなかったこと、投手がいなかったこと、そして身長が少し大きかったということもあり、投手を任されるようになった。まず速い速球を投げたい気持ちが強かった。

 「あまり試合も作れず自滅ばかりだったので、とりあえず速い球を投げようと。小学生って速い球がモチベーションじゃないですか。ですからそういうところにしかこだわってなかったです。ピッチャーの面白さとして、抑えて勝ったら最高なんですけど、なかなか勝てなかったので。勝っても県大会は結局行けなかったので、“思いきり投げる”という楽しさでやっていました。」

 そして東根第二中では軟式でプレーし、2年生からベンチ入り。最後の夏では地区予選を勝ち抜き、目標に掲げていた大会に出場するも、初戦敗退だった。

 高校で山形中央を選んだきっかけは、県立の強い学校へ進み、甲子園に出場したいという思いからだった。

 「山形で強いチームといえば、日大山形酒田南羽黒東海大山形と私学が中心。公立は、山形中央でした。山形中央で甲子園に行きたいと思いました。」

 さらに1学年上の横山 雄哉(阪神)の存在も大きかった。
 「甲子園でのピッチングを見て、カッコいいなと思っていたので。中学生の時たまに山形球場まで行って高校野球を観ていたので、山形中央のユニフォームも(カッコいいな)と思いましたし、中央野球のプレーにも結構憧れて入学を決めました。」

 入学すると、山形中央のレベルの高さに驚かされた。
 「レベルが高いし、野球がすごく熱いんです。一つ一つのプレーが熱くて、最初は自分に合ってるのかなと思いながらやっていたんです。先輩たちがすごいレベルが高くて、それでもなんとかベンチに入りたいなと思いながらやっていました。」

 また憧れていた横山とは、一緒に付き添って多くのことを教えてもらっていた。
 「横山さんには可愛がってもらっていたというか、いろいろ教えてもらっていました。自分は憧れにしていたので、横山さんの下半身を沈み込ませるフォームを真似したりしていました。(そうすることで)結構よくなっていました。」

 齋藤は高校時代、最速139キロの速球を投げる投手にまで成長するが、最後までエースにはなれなかった。同級生には須貝 勇哉(元王子野球部)がいたからだ。公式戦はほぼ登板がなく、最後の夏も悔しい思い出しかなかった。

「1回戦では7回途中から登板して、2回を投げて0点に抑え、2回戦では1回投げて打たれて終わったんですけど、それが僕にとって最後の登板となりました」

 最後の夏が終わると、斎藤は野球を辞めるつもりだったと告白した。
 「野球を続ける気はあったんです。高卒で硬式の社会人に行きたくて。でも行けるところが無かったので、大学もいくつもりもなくて、山形で就職しようかなと思っていたんですけど、桐蔭横浜大の齊藤監督から声をいただいていたので決めました。」

 斎藤が桐蔭横浜大に行くきっかけになったのは、5月の桐蔭学園(神奈川)との練習試合だった。
 「毎年5月ぐらいに桐蔭学園のグラウンドで、桐蔭学園健大高崎山形中央で、3校定期戦みたいなのがあったんです。それで、桐蔭学園との試合の時にたまたま桐蔭横浜大の齊藤監督がブルペンで自分の球を見ていて、ちょっと挨拶されて、試合を観て『どうだ』と言われたんですけど、最初は行く気は無くて。大学に行く気はまったく無かったんです。」

 もしここで投げる機会がなければ、今の齋藤はなかったかもしれない。齋藤の野球人生にとって大きなターニングポイントだったのである。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。