第766回 高次元なパフォーマンスは高い意識から 大学No.1外野手・辰己涼介(立命館大)に秘める自己分析力!2018年10月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 高校・大学で磨き上げた人間性
[2] 主将としての心構え
[3]大学日本代表主将の技術論

主将としての心構え


辰己涼介

 ――2年生から日本代表に選ばれて日米大学野球で本塁打も打ちましたが、あの経験はどう生きていますか?

辰己 純粋に代表に入れた喜びや自信もあって今までになく楽しんでいたなという印象でした。トップレベルの選手の中でアピールしようと思ったら人間性も必要ですし、技術的にはずば抜けていないと選考会の時点で落とされますし、全てにおいて常に全力でやっておかないといけないと感じました。

 ――大学を代表する選手になって最終学年を迎えましたが、今年はどんな気持ちで取り組みましたか?

辰己自分のことだけだったのが、主将になって周りのことも見ないとダメな環境になりました。視野を広げて声をかけ、人間性をこの3年間で磨けたことによって辞めさせられることなく主将を続けさせてもらえました。代表でも主将をやらせてもらって、さらにいい経験をさせてもらっています。

 ――この春に100安打を達成できたことはどう感じていますか?

辰己3年秋に達成しないといけないくらい試合には出させてもらっているので、そのことに関してはどうも思ってないですけど、100安打を公式戦で打てたことを考えるとよく頑張ったのかなと思います。

 ――この春のシーズンはリーグ優勝、選手権2回戦敗退という結果でしたが、振り返ってみてどうでしたか?

辰己チームは良い雰囲気になっていて優勝は目指していましたが、リーグ戦優勝できる力はないと個人的に思っていました。それでも「勝つことだけを考えて後は楽しんで野球をやろう」と言ってきて、一人ひとりが束となってやってきたのがリーグ優勝に繋がったと思います。

 ――今年は大学日本代表の主将になりましたが、どんな経験になりましたか?

辰己他の2年間と違って主将として常に先頭に立っていないといけない存在だったので、自チームにいる時と同じ感覚でした。経験は他の選手よりもあったので何とかして一つにしたいという思いがありました。言動は何も言わなくても周りがしっかりしていたので何も言うことはなかったですが、プレーでは目配り気配りして主将として引っ張るように心がけていました。

 ――その成果がハーレム国際大会でMVPを取ったことに繋がったと思いますけど、それについてはどう思いますか?

辰己それはオマケじゃないですけど、運が来たとしか思ってないですね。期待してもらったのにアメリカでは全然ダメでしたし、オランダで使ってもらった首脳陣の方々には感謝しています。周りの選手も色々声をかけてくれたり、自分が声をかけても素直に返事をしてくれて、1か月間でいいチームになったのでその結果がオマケとして自分に返ってきたのかなと思います。

【次のページ】  大学日本代表主将の技術論

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辰巳涼介
辰己 涼介(たつみ・りょうすけ)
  • ポジション:外野手
  • 身長:178センチ68キロ
  • タイプ:右投左打
  • 社高-立命館大
【関連記事】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第592回 東 克樹(愛工大名電ー立命館大)「子供たちに勇気を与えられる投手に」 【2017年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー