目次

[1]冬場にインコース打ちの特訓が実り、さらに打撃開花
[2]プロではトリプルスリーを狙える選手になりたい

 高校通算75本塁打を誇る山下 航汰健大高崎)選手。後編では苦手のインコースを克服するために打撃改造を行っていく。3年間の成長やドラフトへ向けての意気込みを語っていただいた。

通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】

冬場にインコース打ちの特訓が実り、さらに打撃開花

 ――そこからはすぐに修正に取り組めたのでしょうか。

山下航汰(以下、山下):  いや、2年秋までには間に合わなかったので、取り組んだのは2年冬の2月ぐらいからです。葛原美峰コーチ(コラム:健大高崎(群馬)葛原美峰コーチ流ゲームプラン立案メソッド 「木」ではなく「森」を視る【Vol.1】)からアドバイスをいただいて、小学生用の金属バットで右手で払う練習をしたり、右足を大きく開いた状態からティーをひたすら打ったり、マシン打撃ではインコースに設定してもらって打つようにしました。大事にしたのは右手の肘をうまくたたんで打てるかということでした。

 ―― 一冬開けて手応えをつかんだのでしょうか?

山下:  上手くいったと思います。3月上旬に練習試合解禁になるんですけど、その時もその練習をずっとやっていたので、練習の成果を試合で試し、試合で残った反省を練習に生かすというやり方を行いました。試合をやると、練習だけでは分からなかったものが分かるので、比較的インコース打ちはできるようになっていたんです。

 ―― インコースを打って本塁打にした試合はあったのでしょうか?

山下:  春の県大会の前橋商戦と前橋育英戦です。前橋商戦は自分が苦手にしていたインコースストレートを打ち返すことができて、(前橋)育英戦ではインローのスライダーを本塁打にできたので、完成形だなと葛原コーチに言われました。

 ――また山下選手はグリップの位置が低い構えをしていますよね。あれはどういう意図があるのでしょうか?


山下選手が構えたとき、グリップ位置が低いのはインコースを打つため

山下: あれもインコースを打つためです。以前はグリップを高く掲げていたのですが、あれだと左肩に力が入りすぎて、バットが出てこなかったんです。そのためグリップを下げ、上体も少し下げてリラックスした構えに今年から変更しました。それもうまくいっていると思います。

 ――また、山下選手は1番打者を打っていて走塁技術の高さも光りました。

山下: 健大高崎で走塁リーダーをやっていたんですけど、僕は足は遅い方で、今井 佑輔小林 大介の方が全然速いですけど、葛原美峰コーチの息子である葛原毅コーチ(関連記事:高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬))から「お前は走塁の勘が鋭い」といわれまして。投手の癖を盗んだり、また直観で「けん制が来るな」「走れる」というのが浮かぶんですよね。それをみんなに教える意味で、リーダーを務めることになって、本来ならば、3、4番を打つ役割だったと思うんですけど、僕以外にも長打を打てる選手が多くなったので、1番を任されるようになりました。

 ――高校生の投手を見ていると、そういう癖が分かるのですか??

山下: 何かじんわり分かります(笑)僕は盗塁成功率は高いと思います。数で行ったら小林や今井ですけど、いけると思ったら大概成功していました。

 ――ラストシーズンはいかがでしたか。

山下: 春は県大会まではよかったんですけど、関東では調子を崩していたので、最後の夏の打撃内容は全然でした。まず1回戦の時に前に突っ込みながら打っていたので、後ろに残すことを意識しました。ただ後ろに残しすぎて、ドライブ回転が多くなってそれがずっと修正できないまま終わりました。前橋育英戦では(普段なら)本塁打にできている球も、ライト前に終わってしまいました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。