目次

新チームを引っ張る注目の1年生コンビ!


 第100回 全国高等学校野球選手権記念 佐賀大会で1年生ながら鮮烈な公式戦デビューを果たした、2選手がいる。唐津商市丸 紘樹だ。

 坂本は5番・サード、市丸は2番・セカンドで、二人共中軸で活躍した。もちろん二人の活躍を吉富俊一監督も評価している。
 「市丸は、夏の大会でもきっちりとバントを決めて結構ヒットを打っていますし、坂本も決勝まで、5割ぐらい打っています。」

 その上で、吉富監督は、新チームが選抜出場へと続く秋の大会を勝ち抜くためには、2年生のレベルアップと、夏を経験した1年生二人の成長が鍵を握ると考えている。 新チームでは、捕手になった坂本と遊撃手を守る市丸に吉富監督が期待するのは、さらなる成長だ。


 坂本には、「土井を超えないといけないこのままではいけないよ」と現在3年生でプロ注目の土井 克也捕手を超えていくことを期待している。

 また、市丸には「バットコントロールが良いですし、守備も絶対の信頼を置いている。体ができてくればパフォーマンス上がる」としっかりと体を作り、さらなるパフォーマンス向上を期待している。

 もちろん、吉富監督の期待を坂本と市丸も理解している。

 坂本は、「自分の中ではチームを引っ張っていかないといけないと思っています。目標としている選手は土井さんです。肩の強さとか、バッティングでも長打が打てたりするところは真似していきたいなと思います。ランナーが走ってきたら100%アウトが取れるキャッチャーになりたいです。」と明確な目標を語ると

 市丸も、「自分から積極的に声かけしていく、学年とか関係なく自分と(坂本)勇人で引っ張っていきたいです。一番は、今年の3年生の(三木田)敬さんみたいな選手になりたいです。守備範囲が広いですし、肩が強いですし、足が速いのでそのような選手になりたいです」と話してくれた。

 今年の夏、決勝で敗れた悔しさを分かっている二人が、更に成長した時、唐津商の甲子園出場が近づくのは間違えない。坂本と市丸から目が話せない。

 編集後記
 唐津商市丸 紘樹は、小学生の頃に大会で対戦したことがある。
 坂本「お互い小学校のころから結構決勝で対戦したりしていました。対戦では、打たれたり討ち取ったりとか、その頃からキャッチャーでした。」
 市丸「ショートとピッチャーでした。」
 こんな何気ない会話からも二人の縁を感じる。これからも二人を追いかけてみたい。

取材=田中 実