第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜)2018年08月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 9月3日から開幕する第12回 BFA U18アジア選手権。2大会連続のアジア制覇に燃える侍ジャパンU18代表の選手たちをピックアップしてインタビューしていく。今回は奥川 恭伸星稜)だ。2年生ながら唯一、代表に選出された奥川。最速150キロのストレート、キレのあるスライダーでコンビネーションにするピッチングは今年の3年生右腕を混ぜてもトップクラス。初めて世界の舞台を戦う右腕はどんな気持ちでこの大会に臨むのか。

アジア大会を勉強の機会として


奥川恭伸

 2019年のドラフト候補は投手が豊富だ。154キロ右腕・佐々木 朗希大船渡)、甲子園で150キロを計測した井上 広輝日大三)、奥川 恭伸星稜)、岡山大会で150キロを計測した西 純矢創志学園)など140キロ後半の速球を投げる投手が多数。その中で2年生ながら代表に選出されたのが奥川である。

 奥川は合宿初日の意気込みについてこう話している。
 「2年生1人だけで、かなり緊張していますが、先輩とはどんどん話して仲良くしていきたいですし、先輩投手は僕にとって、全員がお手本になる存在。どんどん盗んでいきたい」と、今回のアジア大会を勉強の機会として捉えていた。

 そしてピッチングの面では「いつも通りのピッチングができれば」と話していたが、先発した明治大戦はそれができなかった。

 いきなり三者連続安打を浴び、無死満塁のピンチ。その後、二者連続三振を奪ったものの、和田 慎吾に適時打を打たれ、先制点を許してしまう。さらに2回表にも2点を失い、2回まで被安打5、3失点。だが、奥川はここから持ち直した。3回以降、カットボール、内角攻めを増やし、3回、4回を0点に抑え、5回表には内野ゴロの間に1点を失ったが、それでも、集中打は打たれず、5回を投げ切った。

 奥川は「改めて大学生のレベルの高さと自分の実力不足を痛感した試合でした。しのげるのがスライダーしかなかった。ストレート、スライダー以外の変化球の精度の低さが課題となりました」と打たれた要因を淡々と振り返った。

 奥川はこの1年、上出来ともいえる内容を残した。まず選抜ではストレートの強弱をつけた完成度の高いピッチングで、8強入りに貢献。夏の石川大会では15イニング無失点。そしてこの夏の甲子園では最速150キロをマークし、12イニング5失点と及第点といえる結果を残した。

 勉強のために臨んだ今回のアジア大会。大会前に大きな宿題が見つかった。奥川は「ストレートがまだまだであるということ、練習し始めたチェンジアップ系の変化球はしっかりとマスターしたいですし、カット系の変化球や、そのほか制球力を含めてすべてレベルアップしたいと実感しました。」

 奥川にとって悔しい結果かもしれないが、奥川の成長を考えればこれ以上ない経験だ。高校3年間のうちに東京六大学・明治大学のレギュラー相手に投げられる経験はそうはない。改めてどういう投球をすれば抑えられるのか、理解をしたはず。それが実践できるのは1年後になるかもしれない。

 来年、星稜のエースとして、そして2019年U-18ベースボールワールドカップのエース候補として、このアジア大会を大進化のきっかけにしたい。

取材=河嶋 宗一

U18代表特設サイト!試合や合宿情報など掲載中!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

奥川恭伸
奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)
  • ポジション:投手
  • 身長:183センチ82キロ
  • タイプ:右投右打
  • 星稜
【関連記事】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第814回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs立教大【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー