第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】2018年11月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]100%に近い状態を実現する「コウノエベルトスパイク2」誕生の裏側
[2]ケガをせずに高校野球生活を送ってほしい

ケガをせずに高校野球生活を送ってほしい!


高校野球を健康に過ごしてほしいと語った鴻江寿治トレーナー

――その選手がもっている本来の力をしっかりと引き出してくれるスパイク。

鴻江寿治(以下:鴻江): 「バネ効果を内蔵するなどして、パフォーマンス以上のものを道具の力で出すのは非常に危険で、故障の源になってしまうんです。それではまったく意味がない。目指したのは、故障なく、本人の能力を100パーセント発揮できるスパイク。選手の能力が上がり、100の器が広がれば、その上がった能力分もフルに発揮してくれるスパイクなんです」

――身体も技術も伸び盛りの高校球児にはもってこいのスパイクですね。

鴻江: 「成長著しい時期の球児の成長にしっかりと寄り添い、サポートしてくれるスパイクだと思います。なので練習でもガンガン履いてほしいですね。故障なく、思う存分に練習することで100の器をどんどん大きくしていってほしい。どれだけ器が大きくなっても、このスパイクはしっかりと寄り添い、大きくなった分の力をしっかりと発揮してくれますから」

――身体に不安があれば、練習も思い切りできませんものね。

鴻江: 「そうなんです。故障がちだと知らずのうちに身体を庇ってしまい、手加減をしながらプレーするはめになりがちです。身体への不安がなくなるだけで、全力でプレーすることができる。全力で練習出来れば、よりうまくなれる。高校野球生活がより充実したものになると思います」

――最後に高校球児へのメッセージをお願いします。

鴻江: 「仕事を通じ、たくさんの選手と話す機会がありますが、かなりの確率で高校時代の話になり、必ずといっていいほど『高校野球に対する悔い』というテーマの話になるんです。『悔いが残っている』と語る選手の多くは『ケガさえなければ…』というフレーズを口にします。高校野球は実質2年4ヶ月ほどしかない。その限られた時間を故障なく、健康で過ごすことが、悔いのない高校野球生活を送るカギを握っていると私は思っています。このスパイクによって、悔いのない高校野球生活のお手伝いができれば幸いです。」

(※)「コウノエベルトスパイク2」は12月より一部の店舗で発売、1月より一般発売となります。

文=服部 健太郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

鴻江 寿治
 鴻江 寿治(こうのえ・ひさお)
  •  1966年福岡県生まれ。学生時代に肩を故障したのをきっかけに、さまざまな施術を勉強しながらトレーニングのノウハウを学び、「骨幹理論」を確立した。現在、野球、ソフトボール、ゴルフ、バレーボール、陸上、サッカー、相撲、格闘技などのトップアスリートのアスリートコンサルタントとして活躍中。
     WBC第1回・第2回日本代表チーム、アテネオリンピック野球・バレーボール女子日本代表チーム、トリノオリンピックスピードスケート代表チーム、北京オリンピック野球・ソフトボール・バレーボール男子・女子日本代表チームに、パーソナルトレーナーとして帯同。ファイナンシャルプランナーCFPの国際ライセンスを持ち、アスリートにアドバイスをすることも。
     鹿屋体育大学との共同研究の【鴻江寿治の骨幹理論】を7/25に学会にて発表(SPORTEC2018にて)。9月14日に自身の書籍【あなたは、うで体?あし体?~3秒で体がわかる、人生が変わる~】を出版。
【関連記事】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第856回 自分が走りやすいメンタル、感覚、アイテムを大事に 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【後編】 【2018年インタビュー】
第855回 ガムシャラさから脱力を追求 荻野貴司(千葉ロッテ)の走塁術【前編】 【2018年インタビュー】
第838回 あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第116回 夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー