目次

[1]最重要コンセプトは『ケガをしないスパイク』
[2]プロ野球界でも愛用者が増える一方のコウノエベルトスパイク

 高校野球にまた新たなスパイクが登場した。その名も「コウノエベルトスパイク2」。身体のバランスを整え、本来持っている力を100%引き出すことをサポートする役目を持つ、「コウノエベルト」と呼ばれるベルトが使われているのが特徴。この「コウノエベルト」が誕生するまでの経緯を、WBC日本代表のパーソナルトレーナーとして2度の帯同を経験する鴻江寿治トレーナーに伺った。

最重要コンセプトは『ケガをしないスパイク』

 「鴻江です。今日はよろしくお願いします!」
 穏やかな笑顔を携え、インタビュールームに登場した鴻江寿治トレーナー。誠実な人柄を確信してしまう、包容力に満ちたオーラが印象的だ。

 鴻江さんは学生時代に肩を故障したことをきっかけに、さまざまな施術やトレーニングのノウハウなどを研究。故障を防ぐとともに、本来のポテンシャルを引き出す独自の理論、施術を確立した。現在は、スポーツトレーナーの目線とCFP1級(国際的なファイナンシャルプランナーの資格)の目線の両方を持ち、プロ野球、プロゴルフ、ソフトボール、サッカー、格闘家など、競技の垣根を越えたトップアスリートの人生をサポートする「アスリートコンサルタント」として活躍中。
 ソフトバンク・千賀 滉大選手をはじめ、鴻江トレーナーのサポートによって成績を向上させたプロ野球選手は多い。

 そんな鴻江さんのもとに、野球のスパイクに関する共同開発の依頼がデサント社から舞い込んだのは今から約3年前のことだった。

 「スパイクを開発する上で掲げた最重要コンセプトは『ケガをしないスパイク』でした。機能ももちろん大切ですけど、最も大事にしたかったのは、『プレーヤーが故障なく、プレーできる環境をスパイクでアシストした上でパフォーマンスを上げる』こと。ケガによって、好きな野球が思い切りできなくなる選手をなくしたい。そんな思いでスパイクの新商品開発をスタートさせました」

 強い思いを形にする上で、土台の役目を果たしたのは、身体のバランスを整え、本来のポテンシャルを引き出すサポートを主目的として鴻江トレーナーが開発した「コウノエベルト」だった。伸縮性を備えたこのベルトは、着用箇所別(骨盤、ヒジ、ヒザ、足首)に4種展開で一般販売されており、累計30万本を超える販売実績を誇る。
 「かかとをホールドする足首用のコウノエベルトは、かかと部分の安定を生む効果があるのですが、かかとが安定すると身体のバランスが整い、人体構造上足がよく上がるようになるんです。高齢の父が転びやすくなっていたことをきっかけに『高齢者が転びにくい』ことをテーマにした、コウノエベルト内蔵シューズを5年ほど前に作ったところ、好評を博した。転びにくいシューズの構造原理をそのまま生かせば、ケガをしにくいスパイクが生まれるはず。そう考えたんです」

 伸縮性のあるコウノエベルトをアッパーの甲部分とかかと部分にX状に配置。紐を結ぶことによる締め付けにコウノエベルトによる締め付けが加わることで足とシューズの一体感は従来品に比べ、大きく向上。甲の部分をコウノエベルトで締め付けることによって「足の指が開きやすくなる」という効果も生まれた。
 「足の指が開き、裸足の時のように指が立つと、自分の指がクッションとなるので、衝撃を受け止めやすくなる上、地面を掴む感覚も増します。足とシューズの一体感が増すことで素足感覚になり、身体のブレや動きのタイムラグを軽減することにも成功した。ケガを防ぎ、本来、体が持っているポテンシャルを引き出すことでパフォーマンスを上げる。目指していたコンセプトに沿ったスパイクが出来上がったかなと。」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。