目次

[1] 「感謝」と「ラッキーアイテム」と「鍛えた下半身」で決めた甲子園
[2] 「ギリギリのプレー」を成功させる守備論
[3] 「チャレンジャー」として甲子園で自分を出し切る

 「第100回全国高等学校野球選手権」第4日第1試合で日南学園(宮崎)と対戦する丸亀城西(香川)。13年ぶり5度目の出場で悲願の夏甲子園初勝利を狙うチームの大黒柱が、1番・遊撃手にして高校通算27本塁打を放っている水野 達稀である。

 169センチ69キロの体格をもろともしないパワフルさを備える水野の原動力はどこにあるのか?今回は甲子園出発直前のコメント、香川大会での秘話も含め、存分に自らを語ってもらった。

「感謝」と「ラッキーアイテム」と「鍛えた下半身」で決めた甲子園

 ―― まずは改めまして甲子園出場おめでとうございます。7月22日、高松との決勝戦から数日が経った今(取材日は7月28日)、心境はいかがですか?

水野 達稀(以下、水野): もちろん、優勝した瞬間はうれしかったんですが夢の世界で実感はなく、丸亀市に帰って報道を見ていろいろな方々から「おめでとう」と声をかけてもらって、だんだん実感がわいてきた感じです。

 ―― 香川大会はノーシードからの優勝。しかも5月26日に開催された「第60回丸亀高校・丸亀城西高校野球定期戦」で2対9と大敗してからの急浮上でした。

水野: あの敗戦は間違いなくチームのターニングポイントになりました。試合後の選手間ミーティングでは控え選手から僕らレギュラーに対して「もっとしっかりやってくれ」と叱咤激励を受けたことで、チーム全体の取り組む姿勢が変わった。そして練習試合でも試合ごとによくなって香川大会に入った感じです。
 3回戦に春季香川県大会で敗れた藤井学園寒川(第3シード)に対し、9回表に大前(輝明・3年・投手)のホームランで追い付いて、延長10回で勝てた(3対2)のも、1球に対する集中力が上がってチームとして勝負強くなれたからだと思います。
 僕自身も春季大会を終えてから3番から1番に打順が変わって「相手投手に数多く投げさせる」「出塁率を高める」、走塁面でも「1つでも先の塁を目指す」をより意識するようになってたんですが、周囲の皆さんへの感謝の想いが自分の迷いを振り切ってくれました。

 ―― 水野選手は準々決勝までは単打を重ねていましたが、準決勝・英明戦では0対5から持ち前の長打力が爆発します。

水野: 6回までは黒河(竜司・2年)くんに抑えられていましたけど、球速もいつもに比べてなかったですし、マウンド上でもばてているのが解ったので「必ず打てる」と思っていました。7回裏の右中間二塁打はつなぐ想いでコンパクトに打てましたし、9回裏の右中間三塁打も「自分の形で打つ」を心がけて、結果につながりました。プレッシャーがかかった中でも自分が変われた。成長を実感できたゲームでしたし、だからこそ決勝戦の高松戦も中盤までリードされていましたけど、落ち着いてできました。

 ―― 実は、この結果には1つ秘話があるそうですね。

水野: 実はこの試合前、自分が頼んでいた1100グラムのマスコットバットが届いたので、身体にしみつくように試合と同じフルスイングをしてから、バッターボックスに向かうようにしたんです。すると、スイングに力ができようになった。3番を打っている藤田(翔希・2年・左翼手)も僕のマスコットバットを借りて振ったら、打てるようになったんです。マスコットバットがラッキーアイテムになってくれました。

 ――なるほど(笑)。ただ、それだけでは急上昇しないですよね?そのベースとしての打撃を体現するために、水野選手が大事にしていることはありますか?

水野: 甘く入ってきたボールを一発で仕留めるための「下半身」です。僕の打撃は下半身でスイングして、そこに上半身がついてくる形ですし、NPBの選手を見ても下半身がしっかりしていないと強いスイングができないので、冬場はスクワッドやウエイトなどで強化して太ももも56センチから60センチまで大きくなりました。
 加えて、僕は左打ちなので左脚一本で立てる体幹も鍛えています。左脚に一度体重をを乗せてから体重移動し、さらに「待ち」を作ってスイングすることで、スイングスピードも上がり、インパクトも強くなりました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。