第735回 中国のスピードキング・引地秀一郎(倉敷商)狙うは全国制覇と全国ナンバーワンピッチャー2018年07月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学時代のケガが速球投手・引地の原点
[2]昨年は勝てる投手になるにはどうすればいいか考えた
[3]球速の想いは封印。とにかく勝つこと。そして侍ジャパンU-18代表になりたい

 今年の中国地区を代表する速球投手・引地 秀一郎。最速151キロの速球を投げ込む剛速球右腕だ。1年生の夏から146キロのスピードボールを投げ込み、大きな期待をかけられた引地は最終学年を迎えた。速球投手・引地のルーツや、勝てる投手になるための取り組みを聞いた。

中学時代のケガが速球投手・引地の原点


中国地区を代表する速球投手・引地秀一郎(倉敷商)

 ―― 小学校1年生で野球を始めた引地投手。投手になったのはいつからですか?

引地秀一郎(以下引地):投手になったのは小学校5年生からです。当時から同級生の中ではそこそこ肩は強い方でした。投手は上原浩治さんにあこがれていましたね。

 ―― 投手を始めたときからスピードはありましたか?

引地: スピードが上がってきたのは中学生(軟式)の時からですね。小学校の時に肘を痛めて、中学2年の春にまた肘が痛くなった時に投げた方を変えないとまた痛めるなと思い、通っていた整体の先生に肘の使い方を教わりました。
 それまでは我流でアーム投げでしたが、肘の基本的な使い方を教わってから、スピードも速くなり、中学2年生の夏の大会前には投げれるようになりましたね。中学3年生には137キロを出せるようになりました。

 ―― どう矯正したのですか?

引地: 怪我をしている期間にシャドウピッチング、新聞紙を丸めたボールを投げたりしました。当時は週2回ぐらい整体に通っていました。

 ―― 倉敷商業に進むきっかけを教えてください。

引地: 公立校であった点と、練習の雰囲気がよくて、監督の森光先生が熱い方だったので進学を決めました。

 ―― 実際に高校野球の印象はどうでしたか??

引地: やはりすごいなと思いました。中学校の時のように簡単には勝てないと思いました。

 ―― 1年夏からデビューし、さらに最速146キロを計測します。

引地: 最初は緊張しましたね。146キロを出すことができたのも、スピードは意識せずに、その時は全力で投げた結果で生まれたものだと思っています。

【次のページ】 昨年は勝てる投手になるにはどうすればいいか考えた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

引地 秀一郎
引地 秀一郎(ひきち・しゅういちろう)
  • ポジション:投手
  • 身長:183センチ81キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 高松中〜倉敷商
【関連記事】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
倉敷商vs宇部工【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第667回 田淵 一樹(ヤンキース岡山)最速141キロを誇る快速中学生が思い描く高校野球生活 【2018年インタビュー】
引地 秀一郎(倉敷商) 【選手名鑑】
岡山県共生 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー