目次

 大分商の川瀬と言えば、2015年にソフトバンクに入団した川瀬 晃を思い出す人もいるかも知れない。ただ、今日からはその弟である川瀬 堅斗(1年)を覚えて欲しい。晃は完成度の高い打撃フォームから安打を連発し、軽快な守備をウリとするショートストップだったが、弟の堅斗は185cm 78kgのがっしりした体格から投げ下ろす投手で、球はすでに140キロ近く計測する。渡辺正雄監督は川瀬を「野球の天才」と評する。

 そんな川瀬の目標は「日本一の投手」。

 日本一の投手を目指すことについて川瀬は「一番努力をして、一番苦労をしないとたどり着けない場所です」と話す。川瀬が日本一の投手にたどり着くためにどのような成長曲線を描いているのか、紐解いていく。

日本一の投手になるために大事にしていること


 自信があるのはストレートとカーブだ。

「中学時代(湯布院ボーイズ)の時から(ストレートは)速かったです。高校でさらに球速が伸びました」と話す川瀬。カーブに関しては「ドロンとしたカーブなのですが、タイミングもずらせカウントも稼げて自信があります。カーブが決まると、その後のストレートが活きてきます」と、両球種のコンビネーションに自信をのぞかせる。

 そんな川瀬の求める投手像は「コントロールもあり、キレのある球を速く投げられる投手」である。具体的な数値を聞いてみると「高校3年生までに150キロは投げられるようになりたいです」と語ってくれた。目標が明確なのは、大分商の選手に共通した点である。中でも川瀬は、野球での成長を技術と人間性二つの軸で考えているようだ。

「人に対しての対応。高校卒業しても大事になってくるので、そういう所も普段の生活で磨いていけるように考えています。」

 その言葉に、川瀬の将来性を大きく感じた。多くの「天才」たちが、フィジカル的に十分なポテンシャルを持っていながら、人間性を疎かにして挫折していく。川瀬は、フィジカルと人間性の両面を磨くことで自身の成長曲線を描いているようだ。

 川瀬が尊敬する渡辺正雄監督は、「教員のものさしの中に入れて、こうだと言ってしまうと伸びないので」と広い視点で川瀬の人間性を伸ばしていこうと考えている。対して、川瀬は渡邉監督について「監督は厳しいときは厳しいですが、楽しいときは楽しくやってくれます。メリハリがありすごいなと思います。勉強もしっかりと気にかけてくれて、人間性を尊敬しています」と話す。

 二人が同じ方向を向いて人間性を伸ばしていければ、川瀬の成長はさらなる加速がみられそうだ。



左:渡辺正雄監督 右:川瀬堅斗(大分商)

 最後に、川瀬にこの夏の豊富を聞いてみた。

「今年の夏は抑えで行くぞと言われています。出たときははじめから全力で行きたいと思います。」

 川瀬は「相手ベンチからの声なども自分はあまり気になりません。キャッチャーミットに集中して投げられます」と、自身のことを分析する。

 大舞台でも集中してパフォーマンスが出せる選手である。今年の夏、チームがピンチの場面でさっそうとマウンドに上がり、打者をねじ伏せる川瀬を想像するだけでワクワクが止まらない。

 編集後記
「兄(川瀬晃)とはLINEでやり取りはしますが、野球の話はしません。一軍に上がったときは『おめでとう』と連絡したり、会えるときは、『今日はよかったね』というやり取りはします。」
そんな事を語ってくれた川瀬。まだまだ、あどけなさの残る1年生が、ボールを持てば試合を支配する。そんなギャップを早く見てみたい。

(文=田中 実)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。