第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】2018年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった
[2]高校で投手の基礎を大きく学ぶ
[3]自分の目標となった櫻井周斗投手

自分の目標となった櫻井周斗投手

目標の投手に日大三からプロ入りした櫻井周斗投手(DeNA)を挙げた吉岡桃汰(東大和南)

 ―― サイドスローにした理由とは?

吉岡: 自分の回転軸が横回転だったので、サイドのほうがそのまま体の回転を生かせると思ったからです。オーバーよりも球速が出ていて、投げるときに腕も隠せるので、打者から出どころが見にくい形になっていたと思います。
 これは高校1年生の3月から2年生の5月までやっていて、なぜ辞めたのかというと、5月に行われた紅白戦でチームメイトに当ててしまったからです。それがトラウマになったのかわからないですが、サイドスローはやめました。

 今ではオーバー主体で、たまに相手打者のタイミングを狂わせる狙いでサイドスローで投げることはありますが、ほとんどサイドでは投げないです。唯一公式戦で投げたのが3年春の都立小山台戦です。試合後半のほとんどがサイドスローでした。捕手にも告げず突然投げようと思ったので捕手もびっくりしたと思います。

 ―― 体の回転が合うサイドスローではなく、オーバースローで投げる理由は何でしょうか。

吉岡: 変化球の精度ですね。オーバーと比べると変化球が全く曲がらないんです。とはいえ、サイドスローで投げてみて勉強になったのは間違いありません。

 ―― 吉岡投手の変化球といえば、縦に鋭く落ちるスライダー。誰がモデルなのでしょうか?

吉岡: 日大三からプロ入りした櫻井 周斗選手(DeNAベイスターズ)です。スライダーは今ではストレートの次に自信がある球種となりました。

 ―― 櫻井選手に憧れたきっかけは?

吉岡: 1年生の秋なんですけど、一昨年の秋の大会前から櫻井投手は注目されていて、清宮 幸太郎選手から5三振を奪ったじゃないですか。その動画を動画サイトやSNSで見ていて、日大三の櫻井投手のようなスライダーを投げれるようになりたいと思い、練習をしてきました。
 なかなかあのスライダーには近づかないですが、自分のピッチングでは自信を込めて投げられる球種となっています。

 後編では、2年秋からの成長の過程、春季大会4試合のピッチングの振り返りをしていただき、夏へ向けての意気込みを語って頂きました。

文=河嶋 宗一
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉岡 桃汰
吉岡 桃汰(よしおか・とうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ73キロ
  • タイプ:左投左打
  • 都立東大和
【関連記事】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
吉岡 桃汰(都立東大和南) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立東大和南 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー