第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】2018年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった
[2]高校で投手の基礎を大きく学ぶ
[3]自分の目標となった櫻井周斗投手

高校で投手の基礎を大きく学ぶ


シャドーピッチングを行う吉岡桃汰(都立東大和)

 ―― 入部して、最初からピッチャーだったのですか?

吉岡: 入部当初はファーストでした。夏前からピッチャーをやるようになったのですが、最初は練習試合では1アウトも取れずに降板しました。ベンチ入りしたのは1年秋からですが、全然投手としては戦力になっていなかったですね。

 ―― そこからピッチングについて上達するためにどんなことを行ってきたのでしょうか?

吉岡: 高田敏之監督から投球のことを教わったり、プロ野球の投手や好投手の動画を見たりして、フォームや変化球の研究をしていました。
 1年生の時の練習内容を振り返ると、ネットスローや1週間に1000球を投げるのがノルマで、投球フォームを固めていました。投球フォームを固めてストレートの質を上げることが目的だったと思います。

 ―― ネットスローはまだやっていますか?

吉岡: 最近は全然やっていないですね。でも、試合や投球練習をしたときに、指のかかりが悪いなと感じた時にはたまにやります。今は基礎に立ち返る意味でやっていますね。

 ―― ネットスローは吉岡投手にとっては大きな練習だったのですか?

吉岡: 肘支点だったので、体も使えず、端的にいえば上体投げだったんですよ。でもネットスローをやることによって、投球フォームも良くなりました。

 ―― 投げ始めの意識しているポイントは?

吉岡: 投げるときに捻りで肩を使ってもう一段階捻って投げるという事を髙田先生に教えていただいて、上腕にかけて腕を振ることをずっと意識していました。体の入れ替えをしっかりするということです。

 ―― 2年生になって、どんな投手になっていましたか?

吉岡: まだ今のような縦スライダーで三振を取る投手ではありませんでした。カーブ、スライダーには今のような精度はなく、三振を奪うというより、タイミングを外す投手でした。
 一時期、サイドスローに挑戦していて、そのサイドスローのストレートでは三振を取れるピッチャーでした。

【次のページ】  自分の目標となった櫻井周斗投手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉岡 桃汰
吉岡 桃汰(よしおか・とうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ73キロ
  • タイプ:左投左打
  • 都立東大和
【関連記事】
第108回 同じ目標に向かって歩む仲間でありたい!都立小山台(東京都)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第935回 【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第631回 限られた時間、環境を無駄にしない野球 都立小山台(東京)【後編】【野球部訪問】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
吉岡 桃汰(都立東大和南) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立東大和南 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー