目次

[1]前橋育英の型にはまらない環境に心惹かれる
[2]イメージの中の投手ほど凄い投手はいない
[3]大記録に隠された秘話と1年生へのメッセージ


 昨夏の甲子園で、広陵の中村 奨成(現広島東洋カープ)が6本のホームランを放ち、元PL学園の清原和博氏が持っていたホームラン5本の記録を、32年ぶりに塗り替えたことはまだまだ記憶に新しいところだろう。

 この話題は大きくメディアにも取り上げられ注目度が非常に高かったが、一昨年にもある記録に挑んだ選手がいることを覚えているだろうか。その記録とは、「盗塁数」である。現在の記録は、の平山 敦規健大高崎・2014年)らの8盗塁が最高だ。

 その記録に一昨年並んだのが、今回インタビューした明治大学の丸山 和郁選手である。前橋育英時代は、1番打者として打線を牽引。センターを守りながら時には投手もこなすマルチプレイヤーである。
 そんな丸山選手が2017年の夏に記録した8盗塁の秘話など、高校時代を振り返りながら、これから初めての夏を迎える1年生たちにもアドバイスをもらった。

前橋育英の型にはまらない環境に心惹かれる

 中学生の時は軟式野球をやっていた丸山 和郁選手が、前橋育英へ進学するキッカケは練習に取り組む選手の姿にあった。

 「元々、他の学校からもお声をかけてもらっていましたが、前橋育英の練習を見に行くと2つ上の井古田 拓巳さん(現:国学院大)が楽しそうに練習をやっていたんです」と話す丸山選手。しかしそれだけが前橋育英に進学する決め手になったわけではない。

 「高校野球って、型にはめようとするチームが少なからず存在すると思うんです。けど前橋育英はそういった雰囲気がなくて、ここなら自分は思い切ってプレーできる」と思い前橋育英の門を叩いた。

 ノビノビできる環境に心惹かれた丸山選手だが、前橋育英に進学後、いきなり硬式野球の壁にぶつかる。

 「ボールが変わったので、最初はバウンドを合わせられなかったです。入学当初はファーストを守っていましたがトンネルの連続でした。チームで一番下手じゃないかな、とか思っていました」。

 しかしその壁を乗り越えるために課題に真っ向から向き合った。毎日ゴロを捕り続けバウンドの合わせ方を身体に染み込ませ、この課題を解決した。

 反復練習の大切さを説いてくれた丸山選手だったが、彼が試合に出るまでにどんな取り組みをしていたのか聞いてみた。
「実はあんまり覚えていないです。1年生だけで出場する若駒杯で、1番センターで出場して、毎試合ヒットを打っていたらAチームに呼ばれました。」

 高校野球に飛び込み、球速などのあらゆるスピードの速さに驚きを感じていたが、Aチームに入ると、プロ注目の投手との対戦も経験しレベルの高さを体感した。

 「レベルの高い選手との対戦を経験できたのは夏以降に活きてきましたが、13打席連続ノーヒットだったときはさすがに心が折れました」と早々に辛い経験をしたが、そんな状況でも大事にしていた練習がある。その練習にこそ丸山選手の神髄があるように見えた。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。