第737回 プレースタイルで選ぶアシックススパイクシューズ I‐SERIES(アイシリーズ)誕生の裏側2018年07月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大型選手向けに開発された『I STAND(アイスタンド)』
[2]自分の体格とプレースタイルに合わせてスパイクを選んで欲しい

自分の体格とプレースタイルに合わせてスパイクを選んで欲しい

―― 『I-SERIES(アイシリーズ)』は『I STAND(アイスタンド)』を含めタイプが3つあるのですが、なぜ3種類ものスパイクをラインナップしているのですか?

河本 まずこのシリーズのスパイクは、試合に出場するようになってから履いていただくことを想定しています。我々としては試合で履くスパイクは体格やプレースタイルにあった物を選んで欲しいと考えています。そうすることで自分の持つパフォーマンスを存分に発揮でき、さまざまなプレースタイルと体格の選手に対応するために、機能性が異なる3種類のスパイクでタイプ分けをしています。

―― 『I QUICK(アイクイック)』『I DRIVE(アイドライブ)』について教えてください。


左が『I QUICK MA(アイクイック MA)』右が『I DRIVE MA(アイドライブ MA)』

河本 『I STAND(アイスタンド)』は大型選手向けですが、高校生は大型選手ばかりではありません。走攻守においてスピードを求める選手のために、『I QUICK(アイクイック)』と『I DRIVE(アイドライブ)』を開発しました。

 それらは安定感よりは、まず軽くあること。そして走塁や守備などの走ることに関してメリットを出せるか考えたのがこの2つのスパイクです。さらに、スピード系の選手を2つに分けた時、一歩目の反応速度や蹴りだし、「初速」を大事にする選手と、トップスピードまでの「加速」を考える選手の2つの考え方が存在します。こういった2つのプレースタイルに対応するために開発したスパイクが『I QUICK(アイクイック)』と『I DRIVE(アイドライブ)』です。

―― 『I QUICK(アイクイック)』はどんなところを工夫したスパイクですか?

『I QUICK MA(アイクイック MA)』のソール(左)とアッパー(右)部分

河本 一歩目の蹴りだしといっても、当然いろんな方向の蹴りだしがあります。守備は前後左右どこに打球が来るのかわからないので、どの方向にも効率よく蹴りだすために適した金具配置を追求しています。スタートの時に一番力が加わる母趾球部分は金具を2つにしてあります。

 もう一つは屈曲です。瞬時に反応して動き出すために、アッパー、ソールともに足に沿って曲がるように設計されているのが特長です。

―― 『I DRIVE(アイドライブ)』の特長を教えてください


『I DRIVE MA(アイドライブ MA)』のソール(左)とアッパー(右)部分

河本 『I DRIVE(アイドライブ)』は直線に対するスピードを追求しています。より効率よく地面に突き刺さり、走った時に地面を捉えるためにシャベルブレードという特殊な形状の金具を採用しており、前へ前へ進むスピード感のあるプレーをサポートします。


自分のためにもスパイク選びをきちんとしてほしいと語る、河本勇真氏

―― 最後に高校球児へ向けてメッセージをお願いします。

河本 上手くなりたい思いは誰にもあると思うので、そのために出来ることをやって欲しいです。
 まずは自分に合ったスパイク選びを常に意識して、取り組んで欲しいです。最終的にそれが自分のプレーの結果として返ってくると思います。選手たちの活躍を何より願っています。

アシックスの製品で道具を揃えちゃおう!
アシックスベースボールサイト
↑アシックスの製品情報はこちら

(文・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第669回 打撃に特化したスパイクなど開発!元球児・田林正行さん(ミズノ)に聞く! 【2018年インタビュー】
第659回 ZETT『ネオステイタス』開発者に聞く「理想のスパイク選び」 【2018年インタビュー】
第554回 ニューバランス・スパイク商品企画担当者が語る「今、プレーヤーが求めるのは履き心地抜群のスパイクだ!」 【2017年インタビュー】
第116回 夏の大会前に買い替えたいと思っている野球用具は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第71回 野球用品専門店に聞く!2016年度の野球用具売れ筋ランキングは?【野球総合研究所】
第69回 春の選抜大会から見る野球用具トレンド調査 2016年度版【野球総合研究所】
第37回 夏の甲子園から見る野球用具トレンド調査 2015年度版【野球総合研究所】
第233回 話題のスパイク【開発秘話】を調査 GEハイストIQ・ミズノプロCQ 鷲見将成さん 【2014年インタビュー】
第119回 株式会社アシックス 仙田 正之 さん 【2012年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー