目次

[1]キレのある真っすぐで真っ向勝負
[2]全国クラスからの刺激
[3]四刀流で挑む夏

 前回までは主将としての苦労、そしてバッティングをメインに話を聞いてきた。今回は最速146キロを誇るピッチング、岐阜センバツや関東一などの高いレベルから受けた刺激、最後に夏への意気込みを伺った。

キレのある真っすぐで真っ向勝負


ピッチング練習をする中神拓都(市立岐阜商)

 打っては46本のホームランを積み重ねている中神 拓都。そのバッティングに注目が集まるが、投げては最速146キロを投げる剛腕でもある。そんな剛腕を支えているのは、指先だった。

 「無駄な力を入れてもいいボールはいきません。ボールに勢いをつけるには、リリースの時にいかに指先に力を加えるか」と考える中神。そのためにウエートトレーニングではリストを鍛え、ボールに対して強く押し込めるように鍛えた。その結果、ボールのキレも増してきた。

 これも中神の狙い通りだった。「自分はただの速いストレートではダメだと思っています。大切にすべきはキレだと思っています」。だからこそ、リストの強化を図ったのだ。

 ただ、修正すべき課題も抱えている。それは腕の振り方である。「体の開きが早いので、腕が横振りになりがちです。そのせいでボールの回転が悪くなるだけでなく、コントールも安定しない。良いことは何もないです」と話し、この課題に対して真正面から向き合っている。

 意識しているのは、グローブを持った腕だ。「腕を縦振りさせたいのですが、それは利き腕だけではなく、グローブの方の腕もしっかり縦回転させることで縦振りを体に染み込ませています」。

 こうした意識を持って普段の練習に取り組んでいる中神だが、どんな投手を理想としているのか聞いてみると、福岡ソフトバンクホークスの五十嵐亮太投手の名前を挙げた。MLBも経験した剛腕の心構えを参考にしていると話す。

 「勝負はやる前から逃げてはいけないと思っています。だからこそ相手に向かっていく強気なピッチングで、ストレート中心に投げていきたいと思っています。」

 五十嵐選手のような気迫あふれるピッチングの姿に心揺さぶられている中神。これから迎える夏では、その強気が必要不可欠である。グランドで見せる闘志あふれるプレーに期待せずにはいられない。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。