第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕2018年06月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]公立で強豪校を倒すために汎愛へ進学
[2] 大阪桐蔭戦で公式戦デビュー!根尾昴から三振を奪う
[3]夏は大阪桐蔭を完封することしか考えていない

 激戦区の大阪で注目を集めている右腕がいる。188㎝の長身から最速147㎞の速球を投げ込む本格派の羽田野 温生(3年)だ。公立の雄である汎愛から初のプロ入りも期待されている羽田野は1年秋の大阪桐蔭戦で公式戦デビューし、根尾昴から三振を奪うなどの力投で注目を集めた。今回はプロ注目の羽田野にスピードボールを投げるための秘訣や打倒・大阪桐蔭への想い、野球選手としての理想像などを伺った。

公立で強豪校を倒すために汎愛へ進学


本格派の大型右腕として注目を集める羽田野温生(汎愛)

 ―― 野球を始めたきっかけは何ですか?

羽田野温生(以下、羽田野): 3歳年上の兄が野球をやっていて、その姿を見てカッコいいなと思って野球を始めました。始めたのは小学3年生で畷スカイヤーズに所属していました。

 ―― ピッチャーはいつから始めましたか?

羽田野: 本格的に始めたのは小学校5年生です。体が大きかったので指導者の方に勧められたのがきっかけです。

 ―― 小学生の時点で身長はどれくらいありましたか?

羽田野: 小学生の時には160㎝後半はありました。

 ―― 中学で寝屋川シニアに進んだ理由は何ですか?

羽田野: 硬式でやってみたいと思っていました。寝屋川シニアは近くでまあまあ強いと聞いていたのでそこに行きました。

 ―― 同級生に甲子園に出場した選手はいましたか?

羽田野: 履正社筒井 太成がいました。

 ―― エースになったのはいつからですか?

羽田野: 3年生になってからです。

 ―― 当時で球速はどれくらいでしたか?

羽田野: MAXで136㎞です。

 ―― 中学時代から実力があった中で公立の汎愛高校を選んだ理由を教えてください。

羽田野: 公立で強豪校を倒したくて、公立で力のある汎愛を選びました。

【次のページ】  大阪桐蔭戦で公式戦デビュー!根尾昴から三振を奪う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

羽田野 温生
羽田野 温生(はたの・はるき)
  • ポジション:投手
  • 身長:188センチ84キロ
  • タイプ:右投右打
  • 汎愛
【関連記事】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
筒井 太成(履正社) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
羽田野 温生(汎愛) 【選手名鑑】
上宮 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
汎愛 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー