第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」2018年06月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]バレーボール好きな少年
[2] KBC学園未来沖縄を選ぶ
[3]"個"の集団が"和"の集団へ

 一年生大会で優勝し、最後の年となる春の県大会で再び沖縄の頂点に立ったKBC学園未来沖縄と宜保 翔。県野球部対抗競技会の立ち三段跳びで二年連続一位を記録するなど、身体のバネを活かした走りと守りは見ている者をワクワクさせる。稀なる能力のルーツも探りつつ、彼の野球観にも迫ってみた。

バレーボール好きな少年


守備練習をする宜保 翔(未来沖縄)

 小学校に入る前から水泳をしていた宜保 翔。クロールやバタフライなど、肩関節周りを無意識の内に柔らかく強くする水泳が、後に野球をすることになる選手に良い影響を与えるのは良く聞く。それに加え、宜保 翔には身体のバネを開花させる環境があった。

 宜保「父と母がバレー選手で、小さいときから一緒にコートに行っては遊んでいました。」

 かっこいいアタックをしたい。子供ならそう思う。ジャンプを繰り返す幼い子供に、身体のバネが養われていった。

小学校地区陸上で記録更新

 そんな宜保 翔だったが、友達が野球を始めたのをきっかけに野球部へ入る。余談だが、宜保 翔のスタート地点となった根差部ベースナイン(とよみ小学校)は、今年の夏に明治神宮球場で行われる全日本学童軟式野球大会に出場するなど、沖縄県屈指の強豪チームだ。5年生のとき、小学校地区対抗の陸上大会に、60mハードル走にエントリーした宜保 翔。それまでの大会記録を更新した。

 宜保「僕が出した記録は9秒9。それ以降、まだ破られていないと聞きます。」

 脚力とバネはもちろん、跳ぶ能力、歩幅を合わせる技術などハードル走の難しいことをクリアしていった少年は、野球のイロハも飲み込んでいく。ショート兼ピッチャーはこの頃から彼の代名詞となっていた。しかし…

 宜保「中学二年のときに、肘を壊してしまいました。」

 アップ不足のまま投げてしまいケガをしてしまった。それ以降、宜保 翔がマウンドに上がる姿は無かった。

【次のページ】  KBC学園未来沖縄を選ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宜保 翔
宜保 翔(ぎぼ・しょう)
  • ポジション:遊撃手、投手
  • タイプ:右投左打
  • KBC学園未来沖縄
【関連記事】
第24回 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に込められた思い 我喜屋優監督(興南)【名将たちの言葉】
第23回 ミスを事前に刈り取れる人間力 我喜屋優監督(興南)vol.5【名将たちの言葉】
第22回 実戦、人間力の作り方 我喜屋優監督(興南)vol.4【名将たちの言葉】
第21回 人間力は掛け算 我喜屋優監督(興南)vol.3【名将たちの言葉】
第20回 「根っこ」を育てるには 我喜屋 優監督(興南)vol.2【名将たちの言葉】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第878回 目標とする小園、根尾のようなショートになるために 勝連 大稀(興南)【後編】 【2019年インタビュー】
宜保 翔(未来沖縄) 【選手名鑑】
九州学院 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡商 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡浜工 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー