第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意2018年04月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高い意識をもって取り組んだ自主練習から繋がる1年春からのレギュラー出場
[2]バッティングのポイントと主将としての意気込み


 昨年、東都大学野球リーグで春秋連覇を成し遂げた東洋大で不動の4番として活躍している中川 圭太選手。PL学園高(大阪)では甲子園出場こそないものの3年夏の大阪大会で準優勝。東洋大ではこれまで3度のベストナイン(二塁手で2度、DHで1度)に輝き、昨夏は侍ジャパン大学代表として日米大学野球選手権とユニバーシアードに出場。
 特に、日本が二連覇を果たしたユニバーシアードでは首位打者と打点王を獲得するなど、今、大学球界で最も注目されている打者の一人と言える中川選手にバッティングについてうかがった。

高い意識をもって取り組んだ自主練習から繋がる1年春からのレギュラー出場


ティーバッティングを行う中川圭太(東洋大)

 PL学園高時代から自主練習が多かったという中川選手。「平日は全体練習が2~3時間しかなく、あとの時間は自主練習にあてられていました。自分はバッティングが売りなので、打撃練習をすることが多かったですね」。テーマにしていたのは確実性だ。

 「長打を何本も打てる訳ではないので、いかに速い打球で野手の間を抜き打率を上げるか。チャンスで打点を稼げるかを考えて、どんな球でもヒットゾーンに持っていけるように、広角に打つことを意識してティーバッティングやバッティングピッチャーに投げてもらったボールをひたすら打っていました」。

 2時間以上、打ちっぱなしの日も多かったというが、「ミートポイントを確認し、スイングの軌道とタイミングの取り方を常に頭に入れながら、打つ感覚を養っていきました」と、常に高い意識を持って練習に取り組んでいた。

 また、バットは日頃から木製バットを使用。「中学時代から冬は竹バットを振っていましたし、PL学園では『プロを目指すなら、その準備として木製バットに慣れておいたほうが良い』という考え方だったので、高校時代はずっと木製バットを使っていて大会が近くなってきたら金属バットに変えるという感じでした」。

 そのため、大学に進学してからバットの違いに戸惑うことはなかったという。入学当初については「東都のレベルは高いと感じましたが、この環境で自分を磨くことができることにモチベーションが上がりましたし、絶対にレギュラーを獲って活躍してやろうと思っていました」と振り返るが、大学の投手のレベルの高さには驚いた。

 「1年生の時はまだ2部だったのですが、青山学院大の岡野 祐一郎投手(現:東芝)や東京農業大の幸良 諒投手(現Honda)など、すごいピッチャーがたくさんいて、本当に打てるのかなと思いました」。

 そんな好投手を攻略するためにやったのがストレート打ちだ。「高校時代に比べて真っ直ぐのキレが全然違っていたのですが、その真っ直ぐに打ち負けないようなスイングをしようと考えました。それで、練習では自分のポイントまでボールを呼び込んで甘い球を一球で仕留めることができるように技術と精神力を向上させていったんです。

 今、思い返してみると、本当に気持ちだけでやっていたと感じます」。こうした地道な努力の末にストレートをヒットにすることができたら、その後の打席では配球を読んで変化球を狙うなど必死に対応することで、中川選手は1年時からレギュラーとして結果を出していった。

【次のページ】 バッティングのポイントと主将としての意気込み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中川 圭太
中川 圭太 (なかがわ・けいた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180 センチ75キロ
  • タイプ:右投右打
  • PL学園-東洋大学
【関連記事】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第30回 「侍ジャパン大学代表候補」から学ぶ3つの心得【先輩から学べ】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第131回 3年生座談会 県立菊池高校(熊本)「熊本工業を破った、夏の大会。そして得たもの...」【後編】【僕らの熱い夏2017】
東洋大姫路 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー