第669回 打撃に特化したスパイクなど開発!元球児・田林正行さん(ミズノ)に聞く!2018年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園準優勝投手が考えた「選手のパフォーマンスを引き出す」スパイク
[2]打撃向上に特化した「PSシリーズ」
[3]「プライムバディ」「PSシリーズ」を履いた選手たちが活躍するのが夢

 現在、ミズノから昨年12月に発売されている硬式野球初心者用「プライムバディ」スパイクと2月に同じくミズノから発売される打撃に特化した「PSシリーズ」スパイク。いずれもこれまでの野球スパイクの常識を覆すハイクオリティーかつ、選手にとって最適なパフォーマンスを引き出すスパイクとして話題を集めている。
 では、このスパイクによって私たちはどのようなことができるようになるのだろうか?今回はプライムバディとPSシリーズの企画担当者であるミズノ株式会社・グローバルフットウェアプロダクト本部・クリーツ企画課の田林 正行さんに、スパイクの機能性や、そこに込められた想いについて聴きました。

甲子園準優勝投手が考えた「選手のパフォーマンスを引き出す」スパイク



プライムバディとPSシリーズスパイクの企画担当者 田林 正行さん

――最初にご挨拶して驚きました。田林さんは2002年夏の甲子園・智辯和歌山(和歌山)が準優勝した時のエース投手ですよね?そんな田林さんがなぜ今回、この「プライムバディ」と「PSシリーズ」を企画担当するようになったのですか?
田林 正行さん(以下、田林) 僕は智辯和歌山を卒業した後、大学でも野球を続けていたのですが、大学4年で野球を辞め、銀行員の道にいったん進みました。
 ただ、その中で自分は野球で育ててもらったので、そこを生かした仕事をしたいと考えた時、ちょうど弊社が全国的に中途採用をしていたので、一年半後にチャレンジしました。
 その後、2年前に営業から異動して、今回がはじめてのスパイク企画担当になります。

――では田林さんにとって現役時代、スパイクとはどのようなものでしたか?
田林 野球選手にとって一番重要なのはグラブと思いがちです。実際、オーダーもしますし、自分のこだわりがみなさんあると思います。ただ、試合において実際に打球が飛んでくる割合を考えれば、実は少ない場合もあります。
 それに対して、スパイクは打つにしても投げるにしてもすべてのプレーにかかわってくるもの。選手にとっていいプレーを引き出すのがスパイクです。
 ですから僕にとっても野球選手にとっても、スパイクは重要なアイテム。そこを僕も伝えていきたいです。

柔らかく・軽く・動きやすい。新入生に格好の「プライムバディ」



インタビュー中の田林 正行さん

――そんな想いの上に立った上で創り上げられたスパイク2種類ですが、まずは「プライムバディ」に対する考え、特徴について教えて頂けますか?
田林 この商品は小学生から中学生になる時など「はじめて金具スパイクを履く際に使ってほしい」という想いから考案しました。特徴としては軽いことはもちろんですが、ポイントのスパイクから金具付きのスパイクに変わっても足に突き上げる感覚がないCAソール(通常金具)になっています。
 さらに私たちは「足に負担が少ないスパイク」は前提条件として、よりいいパフォーマンスを引き出すため、アッパーを1枚で成型することによる柔らかさにもこだわっています。

――実際に「プライムバディ」裏を見ると……。付いているのは金具だけではないんですね?
田林  そうなんです。前足部や中足部のところに樹脂製のスタッドが付いているので土の上に立った時の突き上げ感が緩和されます。
 実際、僕もそうだったのですが、ゴム製のポイントスパイクから金具スパイクに変わる時には不安もあるし、ザクザク突き刺さる楽しみもある。そこは大事にしながら、足への負担を減らすことを目指しています。

――インソールにも特徴があると伺っていますが……。
田林 インソールについても従来のものより約1.5倍のグリップ力があるものとなっているので、足の横ズレが少なくなって、思い通りに動くプレーをサポートできるようになりました。インソール1つでスパイクが持っている力を引き出してくれるので、インソールは重要だと思います。

――ということは、金具スパイクにはじめて触れる新入生にとっては、格好のスパイクですね。
田林 そうなんです。さらに、プライムバディはCAソールなどの力を借りて、あらゆる方向への強い蹴り出しや加速ができます。いわば野球の基本的な動きに対応できるタイプですので、ここで力を付けて頂いてさらに速く反応する必要がある場合は、さらなる段階のスパイクを使って頂ければと思います。

【次のページ】 打撃向上に特化した「PSシリーズ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第844回 スパイクの本質とは「故障」をさせないこと 選手の成長を支える「コウノエベルトスパイク」【後編】 【2018年インタビュー】
第838回 あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】 【2018年インタビュー】
第737回 プレースタイルで選ぶアシックススパイクシューズ I‐SERIES(アイシリーズ)誕生の裏側 【2018年インタビュー】
第137回 夏の大会まで残りわずか!大会に向けて球児が新調したい道具とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第15回 体を冷やしたほうがパフォーマンスがアップするってホント?暑さ対策に新提案!【特集コラム】
第659回 ZETT『ネオステイタス』開発者に聞く「理想のスパイク選び」 【2018年インタビュー】
第12回 原宿の女子高生に聞いた!球児の好きな部位はどこ?オフの筋トレでここを鍛えたい!【特集コラム】
第13回 ミズノプロ「フィンガーコアテクノロジー」を調査! 開発者・須藤氏に聞く!フィンガーコアテクノロジーってどんなグラブ?【特集コラム】
第12回 トレーニングバットの活用法【動画で解説】【特集コラム】
第554回 ニューバランス・スパイク商品企画担当者が語る「今、プレーヤーが求めるのは履き心地抜群のスパイクだ!」 【2017年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー