第661回 柿木 蓮(大阪桐蔭)センバツ連覇へ誓う「バッケンレコード」【前編】2018年03月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全て前向きに取り組み、晴れ舞台での初登板へ
[2]嬉しさと怖さを味わった「甲子園」


 3月23日に開幕する「第90回記念選抜高等学校大会」。出場36校中、ただ1校権利を持つ「センバツ連覇」を目指して戦うのが大阪桐蔭である。昨年の主力選手の多くは今年も健在。ドラフト候補としてもNPBのスカウトから熱い視線を注がれている。そこで高校野球ドットコムはその注目選手たちを独占徹底紹介。第4回で取り上げるのは最速148キロのストレートと切れのあるスライダー、フォークを武器に近畿大会優勝に貢献した柿木 蓮投手である。

 センバツ連覇へ向けて柿木が目指す投球スタイルとはどのようなものなのか?これまでの歩みを振り返りつつ、本人に意気込みを聴いた。

全て前向きに取り組み、晴れ舞台での初登板へ


練習に取り組む柿木蓮選手(大阪桐蔭)

――  佐賀東松ボーイズ時代(多久市立中央中)は4度の全国大会出場。最速143キロをマークする速球投手として知られていた柿木投手ですが、いつから速球を投げることには自信がありましたか?

柿木 蓮投手(以下、柿木) 僕は多久市立北部小6年生から投手を始めたんですが、その時はむしろコントロールに自信がある投手でした。
 でも他の人よりも体は大きかったので、速いボールも投げられたんだと思います。ちなみに中学1年生の時は120キロ台でした。

―― では中学時代はどんなトレーニングをされていましたか?

柿木 もちろん体が大きくなったというのもあるんですけど、僕の中ではチームで心肺機能強化を中心に取り組んだ「サーキットトレーニング」を繰り返し行ってきたのが大きかったと考えています。

――  佐賀県から大阪桐蔭に進んだ理由は?

柿木 自分が高校進学を決める上での基準は「自分を高められる」学校だったんです。最初から投げられる学校ではなく、一からスタートして、競争できるようなレベルが高い学校でプレーしたいと思っていました。
 その点で大阪桐蔭はまさに「自分を高められる学校」と思い入学を決意しました。

――  実際に大阪桐蔭に進み、高校野球に触れてまず感じたことはありますか?

柿木 投手の部分だけでもストレートのスピードはもちろんですが、変化球のキレ、コントロールのレベルが段違いに違いました。自分はストレートには自信がありましたが、それ以外の部分でほかの先輩たちと比べても大きく劣っていたんです。本当にレベルの高さを感じました。

――  そこで、まず柿木投手が取り組んだことはなんでしょう?

柿木 大きな声を出して目立つことです。ピッチングはもちろんやりましたが、それよりも、競争が激しいチームでありますので、まず覚えてもらうために、日々の練習から大きな声を出して取り組みました。

――  ではピッチングではどんなことを課題にしましたか?

柿木 いつも監督室の前に掲げられている投手のスキルアップ表をファイルにしまっては、それを見ながら取り組んでいました。
 やはりピッチングのレベルアップするには実戦の機会で投げるのは一番なので、1年秋の時は野球ノートに、「次のシートで投げさせてください!」と書いたりしてアピールしました。僕は1年秋のころはまだベンチ入りができなかったので、日々のシート打撃登板は公式戦のつもりで準備をして、そして真剣勝負のつもりで投げていました。

――  その努力が実って2年春のセンバツでは初のベンチ入り。そして初戦の宇部鴻城戦が高校公式戦初登板となりました。晴れ舞台のマウンドに登った時の心境は?

柿木 僕自身、人生初の甲子園でしたので、実際にマウンドに立ってみて、他の球場よりも大きく、広く見えましたし、逆にマウンドからキャッチャーミットまでの近さを感じました。実際に投げてみても非常に投げやすかったです。
 あの時は投げたくて仕方がなかったので、緊張というより「楽しかった」という気持ちが一番でした。 

【次のページ】 嬉しさと怖さを味わった「甲子園」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

柿木 蓮
柿木蓮(かきぎ・れん)
  • ポジション:投手
  • 身長:181センチ84キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第555回 センバツ注目度NO.1!全国制覇へ向けての3つの課題 星稜(石川)【後編】【野球部訪問】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs沖学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー