第656回 中川 卓也(大阪桐蔭)「強い決意」で「センバツ連覇」に挑戦する2018年03月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]無我夢中での選抜V「気づき」を与えた仙台育英戦
[2]「神宮大会敗戦」で気づいたチームの弱さ
[2]「注目」を力に変え、何としても「センバツ連覇」

「注目」を力に変え、何としても「センバツ連覇」


中川卓也選手(大阪桐蔭)

―― 中川選手個人の昨秋も振り返りたいと思います。大阪府大会の大手前戦でコールド勝ちを決める本塁打を打つなど41打数16安打18打点。この活躍に至ったきっかけはありますか?

中川: 僕は新チームになって自分の結果を考えないようになりました。今までは「打とう、結果を出そう」と思っていましたが、主将になってからはチームの勝利が優先。「5打数0安打でもチームが勝てばいい」と自然と考えられて、受け止めることができるようになったことがいい方向に向いたと思います。でもまだ課題は多いです。

―― 具体的にどんなところが課題となりましたか?

中川: 「遅い球が打てていない」ことです。速球を打つことには自信があるんですが、まだ遅い球を打てていないことがあったので、冬の個人練習では、遅い球を打てるように打撃練習を行ってきました。
 もう1つ課題になったのは長打力。高校通算はまだ8本塁打ですし、甘い球を逃さず、長打にすることができるようになれば、高いステージに到達することができる。そしてチームの勝利に貢献できると感じました。

―― とはいえ、木製バットを使う台湾との親善試合でも20打数9安打と活躍。金属でも木製でも対応できるようにするためには、どのような心がけて打撃練習を行っているのでしょうか?

中川: 自分は金属バットより木製バットのほうが打ちやすいかなと思っています。心がけていることは「強く振る」。当てることに執着して、弱く振ってしまうと木製バットに負けてしまいます。折れることもありますが、折れることを気にせず強く振ることを大事にしています。 台湾での大会も初戦に関しては自分自身の結果が出なかったんですけど、2戦目以降はチームバッティングを心掛けたら打てるようになりました。

―― 台湾での経験を通じ、中川選手が得たものはありますか?

中川: 「振り抜く打撃」です。大阪桐蔭入学から昨秋の大会までは自分の感覚的に振り抜くことができなかったんですけど、台湾を経験してから振り抜く打撃ができるようになりました。

―― 守備についても少し触れたいと思います。秋の大会ではショートを守っている場面も見られましたが、実際に守ってみていかがでしたか。

中川: ショートというポジションは野球人生の中でも初めて。自分がショートをやるときは、根尾が投手をやっている状況になるわけですが、根尾の位置で守るのは、それなりに重圧がありますね。
 それでも自分なりの守備は実践していきたい。ショートもできると、選手としての可能性が広げることができると思うので、もっとうまくなりたいですし、最終的に内野はすべて守れるようになりたいです。

―― 最後にセンバツへ向けての意気込みを教えてください。

中川: 春も夏も記念大会になるので、注目されるのは間違いないと思いますが、注目されることを力に変えていきたい。チームは、部員41人全員はその偉業に向かって、日々の練習に取り組んでいますし、なんとしてもセンバツ連覇を果たしたいです。
 春夏連覇を狙える権利を得て、夏はその偉業に挑戦できるようにしていきたいと思います。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中川 卓也
中川卓也(なかがわ・たくや)
  • ポジション:内野手
  • 身長:175センチ75キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第19回 俳優・吉村卓也が夏の甲子園を総括!そしてU18侍ジャパンの見どころは?!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
日本vs韓国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第12回 2018夏・四国地区「ピックアップゲーム」3選【四国発】
日本vs香港【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第770回 いよいよ3日アジア大会開幕!野手、投手の仕上がり状況を分析!【大会展望・総括コラム】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
中川 卓也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー