第647回 根尾昂(大阪桐蔭)【前編】春の栄冠・夏の反省・秋への具現化2018年02月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2017年・春の栄冠と力不足を感じた夏
[2]夏の反省踏まえ、考えを具現化


 3月23日に開幕する「第90回選抜高等学校記念大会」。出場36校中、ただ1校権利を持つ「センバツ連覇」を目指して戦うのが大阪桐蔭である。昨年の主力選手の多くに2年生メンバーも出場していたため、この春は各選手が「ドラフト候補」としてもNPBのスカウトから熱い視線を注がれている。今回は、その中でも、根尾 昂を取り上げたい。

 昨年の春は、センバツ優勝時のマウンドに立ち、秋は投げては最速148キロ、打っては5本塁打を放ち、近畿大会優勝に貢献。NPB12球団が1位候補として注目する「二刀流」の素顔に迫った2編に渡る独占インタビュー。前編では頂点に立った昨年のセンバツから、昨秋の戦い直前までを取り組みと共に振り返ります!

2017年・春の栄冠と力不足を感じた夏


昨年の選抜で登板する根尾昂投手(大阪桐蔭)

――まず、自身初の甲子園出場となった去年のセンバツから話を聞かせてください。初戦は宇部鴻城(山口)と対戦しました。

根尾昂選手(以下、根尾) 大会前に甲子園練習を経験していましたので、緊張はなかったです。「気持ち良かった」というのが率直な感想です。

――静岡戦では投手として甲子園初登板。どんな景色が見えましたか。
根尾 いつも投げる球場と違って、マウンドから見える景色は独特のものがありました。あんなに観客の近さを感じる球場は初めてでした。

――大阪対決となった履正社(大阪)との決勝戦では、最後にマウンドに登り、甲子園優勝投手となりました。

根尾 マウンドに集まってともに優勝を分かち合った時は嬉しくて何が何だか分からない気持ちになりました。ただこの優勝は、エースの徳山 壮磨(早稲田大)さんや3年生たちのおかげです。すごい経験をさせてもらったなと思います。

――センバツ後の春季大会では、試合に出場していない試合もありました。

根尾 この時期は腰を少し痛めていました。ただ、去年の年明けから小さいケけがをしていたころから、ケアを大事にする意識は高まっていたので、無理はしませんでした。
 実は今年も年明け、動きが悪い日があったので、指導者の皆さんと話をして、別メニューで負荷が大きいトレーニング、実戦練習も避けたことがあります。ケガを重症化にさせない取り組みは常に考えています。

 ――そのように慎重な調整を続けながら臨んだ夏の大会。根尾選手は自身のプレーを振り返っていかがでしたか。

根尾  夏の大阪大会、甲子園と、僕の中で上手くいったといえる試合は1つもないです。打撃も、守備、投球も全然ダメでした。
 僕たちが戦ってきたチームは夏へ向けて、完成されている状態がほとんど。そういうチームと比べると、余計に自分の弱さ、もろさが見えた大会だったと思います。

【次のページ】 夏の反省踏まえ、考えを具現化

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

大谷 拓海
根尾昂(ねお・あきら)
  • ポジション:投手、遊撃手、外野手
  • 身長:177センチ73キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第19回 俳優・吉村卓也が夏の甲子園を総括!そしてU18侍ジャパンの見どころは?!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第12回 2018夏・四国地区「ピックアップゲーム」3選【四国発】
日本vs香港【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー