第666回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.2「強打の名手を支える日頃の取り組み」2018年03月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]守備は一人の仕事ではない
[2]強く振っていいボールを狙い、しっかり振る

 メジャーリーグのクリーブランド・インディアンスのショートストップとして活躍し、プエルトリコ代表として出場した2017ワールドベースボールクラシックでは、チームを準優勝に導いたフランシスコ・リンドーア選手。

 そんな彼の幼少期の話からMLBで活躍する現在の話を語ってくれた1回目に続き、2回目の今回はリンドーア選手の守備や打撃に対する取り組みをお話頂きました。

守備は一人の仕事ではない


フランシスコ・リンドーア選手

――リンドーア選手といえば、守備。特にバウンドの合わせ方がすごいのですが、バウンドをうまく合わせるために工夫していることは何ですか?

リンドーア:まず最初に大事なのはゴロに関してというより、守備は一人の仕事ではないということです。ピッチャーががんばって投げている分、守ってる人がアウトを取って助けるという意識。ゴロがきて、1塁に投げてアウトにするまでが大事です。守備がいいチームは勝つチャンスも出てくると思っています。

――リンドーア選手の足の動きが好きなんですが、そういう俊敏性を鍛えるようなトレーニングもしていますか?

リンドーア:技術に関しては、守備では足の動きが大事なので俊敏性を鍛えるトレーニングもやりますし、守備で足は絶えず動いてないといけないと思います。左右に動くトレーニングもしますし、守備で足が動くということはその後の送球にも関わってきますので足の動き、動かし方は非常に大事です。

――これまではどんなポジションを守ってきたのでしょうか?

リンドーア:野球を始めたときはセンターでしたが、その後はキャッチャー、ショート、ピッチャーもちょっとやりました。しかし体がそんなに大きくなかったのでショートに落ち着いたという感じです。

――スローイングも強くて正確ですよね。どうやってスローイングは磨いているのですか?

リンドーア:遠投をやるのがいいかなと思います。小さいターゲットを作り、そこをめがけて投げる練習をしておけば距離を短くしたときにターゲットが大きく見えるようになりますので。あとはしっかりどこに投げるのかというターゲットの意識を持って。

――遠投により腕に違和感があったりしたことはありましたか?

リンドーア:ちょっと腕の調子がよくないと感じたときは遠投はやりませんでした。

――投げ方についてはコーチからいろいろ教わったのでしょうか?

リンドーア:投げ方はお父さんから教わりました。とくに左腕の使い方ですね。グラブを投げるほうにつきだした左手を左の胸に持ってくるとか。投げるときのボールの握りの意識については2年前に変えました。それまではフォークボールとまでは言いませんが、結構指と指のあいだのスペースを広く使って投げてましたが、それだときれいな回転がかからないし、右に逸れたり左に逸れたりする可能性も大きいと言われ、変えました。

――リンドーア選手は視野の広い守備も持ち味だと思いますが、視野の広さは普段からどんなことを意識すれば鍛えられるのでしょうか?

リンドーア:いろいろが大事になります。ピッチャーがバッターにどういうボールを投げるのか、どういうバッターなのか、右打者だったり左打者だったり、それからポジショニングも大事ですね。ゴロ捕球の練習もいろんな強弱で、いろいろな方向に来る打球を捕る練習をします。

――リンドーア選手がオススメする守備練習を教えてください。

リンドーア:壁当てがいいと思いますよ。足を動かす練習にもなりますし、グローブの扱いの練習にもなります。私はノックを受けるときのグローブはフラットグローブといって小さくて平らなかたちをした守備練習用グローブを使います。これを使いながら姿勢を低く保ったままの捕球練習もします。この小さいフラットグローブはボールに集中するために非常にいい練習になります。

――ここまでのお話からリンドーア選手は足の動きをとても大切にしていることがわかります。そんなリンドーア選手の足元を支えるスパイクについて教えてください。

リンドーア:ニューバランスのスパイクを履いているのですが、とても良いです。ニューバランスの一員になることができてとてもうれしく思っています。ベストなブランドですからね。スパイクはもちろん、服やシューズなども良いものがたくさんありますし、ニューバランスは長く愛用していきたいです。昨年履いたスパイクはすごく良かったですし、自分のパフォーマンスの向上につながったと思います。

――リンドーア選手と言えば3年続けて二桁盗塁を記録されていますが、盗塁に関してはどう考えているのでしょうか。

リンドーア:すべてにおいて真ん中を意識するということが大事かなと思います。リードの歩幅に関しても、大きすぎてもダメですし、狭すぎてもダメです。リードのスタンスに関しては肩幅くらいの広さがちょうどいいですかね。

【次のページ】 強く振っていいボールを狙い、しっかり振る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

フランシスコ・リンドーア
フランシスコ・リンドーア(Francisco Miguel Lindor)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:180センチ86キロ
  • タイプ:右投げ両打ち
  • 出身地:プエルトリコ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第806回 2018年セ・リーグ首位打者のダヤン・ビシエド(中日)が大事にする「ボールの見極め」と「ヒッティングポイント」 【2018年インタビュー】
第763回 すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 【2018年インタビュー】
第693回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.3「夢を実現できるくらいになれば野球が楽しくなる」 【2018年インタビュー】
第652回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.1「13歳で決断したアメリカ移住」 【2018年インタビュー】
第7回 侍ジャパンのバッテリーの配球から初球の入り方を学ぼう!【WBC特集】
第6回 剛速球と豪快なホームランが醍醐味のドミニカ野球を徹底解剖!【WBC特集】
第5回 WBCオーストラリア代表の通訳経験者に聞くオーストラリアの野球事情【WBC特集】
第4回 WBC韓国代表を調査!韓国野球エージェントに、グラゼニ女子がインタビュー!【WBC特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー