第652回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.1「13歳で決断したアメリカ移住」2018年03月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ロベルト・アロマーに憧れた幼少期
[2]シーズンを乗り切る体力と技術を身に着けたマイナーでの3年間

 メジャーリーグのクリーブランド・インディアンスのショートストップとして活躍し、プエルトリコ代表として出場した2017ワールドベースボールクラシックでは、チームを準優勝に導いたフランシスコ・リンドーア選手。

 そんな彼の幼少期の話からMLBで活躍する現在の話、さらには日本の野球界に対する想いまでを余すことなくじっくり語って頂きました。第1回の今回は、野球を始めた幼少期から、アメリカに移住し、MLBでデビューしたときのお話をご紹介します。

ロベルト・アロマーに憧れた幼少期


フランシスコ・リンドーア選手

――野球を始めたのはいつのことでしたか?

フランシスコ・リンドーア選手(以下、リンドーア):野球をはじめたのは4歳のときでした。兄や父、いとこも野球をしていて、彼らに憧れて始めました。

――プエルトリコはとても野球が盛んな土地ですが、その頃はどんな選手に憧れていたのですか?

リンドーア:ロベルト・アロマー選手(元インディアンス)に憧れていました。彼はいくつものチームでプレーしていましたがインディアンスにいたときのアロマーが好きでした。他の選手を見る機会はたくさんありましたがアロマー選手に一番憧れていましたし、プエルトリコからMLBに来た選手の中で一番好きな選手でした。当時のインディアンスの二遊間はアロマーがセカンド、オマー・ビスケルがショートを守っていました。

――アメリカに渡るきっかけは何だったのでしょう?

リンドーア:いろいろな選手とやりたいし、語学を学びたいということと、アメリカ文化やアメリカに住む経験についても非常に興味があったんです。また、家族のことも考えてアメリカに行ったほうがいいのではという話がありました。ちょっと障害を持っている家族もいて、色々な事情がありアメリカでの生活のほうがいいと感じたんです。

 家ではスペイン語だったので、13歳でアメリカに渡ったときに英語の勉強を始めました。

――高校時代(Montverde Academy)はどんな3年間でした?

リンドーア:高校生活は楽しかったですよ。日本の生徒もいましたし、中国や韓国の生徒も学校にいました。高校ではいろんなことを学びましたし、トレーニングもたくさんやりました。今もそこでオフはトレーニングしたりしています。今こうなれたのもそのときの影響が大きいと思います。

――そのアカデミーはいろんな競技に力を入れていたのですか?

リンドーア:いろんな競技に力を入れてましたね。バスケットも強く、この間は中国のチームと試合をしていましたし、サッカーも野球も非常にいい選手がいました。スポーツアカデミー校でもありますがインターナショナルスクールでもありました。

――勉強も大変でしたか?

リンドーア:もちろん勉強も大変でした。学校はいつも8時から15時までで、野球は15時半から18時まで、その後にまた19時から21時まで勉強でした。生徒の45%~50%くらいは学校の寮に住んでいたと思います。その他は通いでしたが。

――他の競技も在学中にやりましたか?

リンドーア:サッカーやバスケなんかもやりましたが、チームに入っていたのは野球だけでした。

【次のページ】 シーズンを乗り切る体力と技術を身に着けたマイナーでの3年間

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

フランシスコ・リンドーア
フランシスコ・リンドーア(Francisco Miguel Lindor)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:180センチ86キロ
  • タイプ:右投げ両打ち
  • 出身地:プエルトリコ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第806回 2018年セ・リーグ首位打者のダヤン・ビシエド(中日)が大事にする「ボールの見極め」と「ヒッティングポイント」 【2018年インタビュー】
第763回 すべてが理詰め ケーシー・マギーが伝える「バッティング・メカニズム論」 【2018年インタビュー】
第693回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.3「夢を実現できるくらいになれば野球が楽しくなる」 【2018年インタビュー】
第666回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.2「強打の名手を支える日頃の取り組み」 【2018年インタビュー】
第7回 侍ジャパンのバッテリーの配球から初球の入り方を学ぼう!【WBC特集】
第6回 剛速球と豪快なホームランが醍醐味のドミニカ野球を徹底解剖!【WBC特集】
第5回 WBCオーストラリア代表の通訳経験者に聞くオーストラリアの野球事情【WBC特集】
第4回 WBC韓国代表を調査!韓国野球エージェントに、グラゼニ女子がインタビュー!【WBC特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー