第633回 【特別対談】高橋宗司さん×クーニンさん×河嶋宗一(高校野球ドットコム副編集長)VOL.2「長距離走の極意」2018年01月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]一番きつかったのは朝5時起床
[2]二度目の区間賞はランナーズハイになっていた
[3]長距離走は同じペースで走り続けることが必要

長距離走は同じペースで走り続けることが必要



左から高橋 宗司さん、クーニンさん

高橋:長距離では指定の調整方法がありまして、これはどこのチームも共通してやっています。大会1週間前に練習量を落として、7日前の練習、3日前の練習の中身は基本的にどこも同じで、スタンダードになっていますね。それぞれ細かい調整をしていると思いますが、針に穴を通すほど細かいものではないです。

 しっかりとできればの話ですけど、当日の状態が、1、2、3として、1が最悪だとする。

 1はめったになくて、だいたい2、3で走ることができるんですよね。また調整方法は普段の長距離走の大会と一緒で、箱根駅伝だから、特別にこういう調整法をしようというものはないです。

クーニン:レースを見ると、スタートダッシュするチームがあります。陸上は流れがあるスポーツだと思っていますが、王者はそのような流れまで想定をして走っていたのでしょうか。

高橋:そうですね。相手同士が、競り合ってけん制しあうのはやはり1区が一番多いです。これは明確な理由がなくて、当日走っている走者がその場のノリでやってしまうんです。長距離は先頭を走るのは圧倒的に不利で、追いかけるのも大変ですし、速いペースで走り続けたとしても、絶対に落ちるんです。だから最初から飛び出す選手がいると、僕からすれば、「何やっているんだろうこの選手?」と思うんです。

 僕の記憶では、世界陸上の予選で5000メートル走がありましたが、女子選手が先頭から飛び出していったんです。陸上関係者は「何やっているんだ」と思ったはずです。でも飛びだした選手は、そのまま1位で予選通過したんです。僕の長い陸上人生でトップのままゴールしたケースはそれ以外に見たことがありません。

 なので、箱根駅伝で先頭の人についていこう、というのはないと思っています。

河嶋:そうなると周囲に左右されず、自分のペース、自分のタイムで走ることが大事なんですね。

高橋:そうなんです。20人の中に1人、圧倒的に速い人がいるならば別だと思いますよ。実力が同じ20人ならば、先頭を抜け出して走っても、絶対に落ちると思っています。

 2011年の箱根駅伝は、優勝した早稲田大と2位の東洋大との差は1分。7区までは2分差で、30秒ずつ縮めていったんですよね。本当にハイペースで走っていて、大変だったと思います。

クーニン:優勝するために、どういう想定タイムや走り方をイメージしていましたか?

高橋:圧倒的な走りで優勝しようと思っていました。なぜならば、競り合った経験がないから、競り合っての優勝はできないと思っていました。

クーニン:前年大会優勝チームのタイムは参考にしますか?

高橋:2012年、東洋大が優勝したタイムの10時間51分36秒は20年破られない記録だといわれていました。だからこのタイムに到達できれば、優勝はできると思って、練習してきたのはありますね。陸上ばっかりの話をして大丈夫ですか?

河嶋:いえいえそんなことはございません。深い話ありがとうございます。

3回目はクーニンさんの高校時代について!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第925回 王者・仙台育英の勢いを止めるのは東北?それとも利府か?新鋭の登場にも期待!【宮城大会展望】【大会展望・総括コラム】
第51回 久しく続いた2強対決構図は仙台育英がややリードしていたが今後は…【宮城・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第640回 【特別対談】高橋宗司さん×クーニンさん×河嶋宗一(高校野球ドットコム副編集長)VOL.3「それぞれの野球観」 【2018年インタビュー】
第4回 21世紀枠出場チーム早見表!【過去10年分】【センバツ2018】
第632回 【特別対談】高橋宗司さん×クーニンさん×河嶋宗一(高校野球ドットコム副編集長)VOL.1「陸上人生の始まり」 【2018年インタビュー】
第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】 【2016年インタビュー】
第429回 9月24・25日は準決勝のピーク!激戦カード一挙紹介!!【大会展望・総括コラム】
利府 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー