目次

[1]実は接点ゼロだった
[2]クーニンさんの動画を見て、草野球を始めた
[3]挫折から始まった陸上人生

 高校野球ドットコム特別企画として、今、中高生に注目を浴びているこの二人をお呼びしました。今回対談していただくのは、強豪・青山学院大陸上部に所属し、2度の区間賞を受賞した経験を持ち、現在は市民ランナーとして活動する高橋 宗司さん。そして、野球ユーチューバ―として活動するクーニンさんの対談が実現。クーニンさんが設立したqooninTVは、現在ではチャンネル登録者数18万人を超えているほどの人気チャンネルとなっています。そこに高校野球ドットコム編集部副編集長の河嶋 宗一が参戦。3人の間でディーブなトークが繰り広げられました。

 まず1回目は2人の対談のきっかけや、高橋さんの野球のかかわりについて触れていきます。

実は接点ゼロだった


河嶋 宗一(以下、河嶋):まず競技が異なるお2人はどういうきっかけで出会ったのでしょうか?

高橋 宗司(以下、高橋):これは僕からお話しをさせていただきます。僕は動画を見るのが好きで、陸上ユーチューバ―の人がいて、その方の動画を見ていたときに、クーニンさんの動画も見るようになりました。

 1日1回必ず見ているんですけど、野球ユーチューバ―の人はなんでこんなに面白いのか!と思って。「クーニンさんのように面白い陸上のユーチューバ―ができればいいな」とTwitterでつぶやいたら、そのつぶやきにクーニンさんがリプライをくれたのが始まりなんですよ。

クーニン:僕自身も、高橋さんのことをあまり知らなくて、Twitterのイメージしかなかったんですよね!高橋さんのTwitterのアイコンが、ハーフで、つるぴか頭の人の画像だったので、そういう人が来るのかと思っていたら、実際はそうではなく、体型も想像していたのと違いますし、頭もふさふさで(笑)。イメージと実像がだいぶ違うなと感じました。

高橋:なので、接点はゼロでした。

河嶋:高橋さんはクーニンさんと初めてお話ししたときは、青山学院大でやっていた高橋です!と自己紹介したのでしょうか?

高橋:自分から名乗るのはおこがましいと思っていて、僕から話すことではないと思っていて、Twitterでは言いませんでした。僕が一方的にクーニンさんが好きなだけで、ないです。本当に接点はゼロです。

クーニン:陸上出身の方が動画を見ているのは初めてでしたので、新鮮な気持ちでしたね。

高橋:僕は中学まで野球をやっていたんですけど、野球に未練たらたらでやめてしまったんですよ。中学最後の試合、僕のスクイズミスで負けてしまいまして…。今でも夢に出てきて、野球がやりたい気持ちを今でも抱えていて、クーニンさんの動画を見ることで満足してきました。

クーニン:僕もそういう気持ちで動画をやっていると思います。僕は野球の仕事をしたかったんですよ。野球の仕事ができない欲求をYoutubeで発散していました。高橋さんのように野球がしたい。けれどもできない。

 そして私は野球の仕事がしたいけれどできない。その思いを見ながら動画を見る、作るというのは共通点がありますね。

高橋:確かにそうですね。