目次

[1]「バットとボールの当て方」の変化とティーの重要性
[2]「ヘッドを立て」「すり足打法」「ひじ抜き」が生んだ甲子園での2アーチ
[3]ホームランを打つ方法は「気持ち」で負けず技術を高めること

 夏の甲子園では3番・左翼手として15打数9安打9打点2本塁打で明豊(大分)を8年ぶりのベスト8に導いた濱田 太貴(2年)。三塁手に転向し副キャプテンを務める新チームでも秋季大分県大会優勝、九州大会ベスト8.高校通算本塁打を32本(11月14日現在)にまで伸ばし、ミレニアム世代を代表する主砲に成長している。

 では、そんな彼は普段、どのようなことを考えて打撃に向き合っているのだろうか?今回は濱田選手自身が自らすべて語る「理詰めの長打論」を紹介していきたい。

「バットとボールの当て方」の変化とティーの重要性


 僕は中学時代、ホームランしか狙っていない打者でした。通算で30本くらいは打てましたが、その時はボールの下を強く打って、こすって乗せてバックスピンをボールにかけることを意識していたんです。当時はうまくっていたと思っていました。ただ、今振り返ると逆方向への本塁打は少なかった。力が入りすぎて打ち損じが多かったと思います。

 しかし、高校に入るとバットにボールが当たらない。中学野球を引退していた9月から高校に来るまで何もしていなかった(苦笑)こともあったんですが、三振・三振ですぐに試合でも交代。変化球にも対応できない。ここで「バットとボールの当て方」を変えなければいけないと感じました。

 具体的な変更点は「バットの芯に当てて、バットとボールの接地時間をできるだけ長くしながら乗せる」ということです。そこで僕はティーのところから全部芯に当てることを意識しました。ティーから意識して打撃練習を続けてきたことで打球の質も変わりました。

 実はスイングトレーサーを使ったスイング解析でもそれは証明されている。スイングスピードは139.1㎞の一方、スインク軌道は9.2度。これはほぼレベルスイングで打球とバットが正面衝突している数値である。もちろん、その打球を作ってきたのは明豊のティー。毎日計500球の打ち込みを行う7種類のティーについては、浜田選手が自ら映像で説明して頂きます!


PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。