第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」2017年11月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第48回明治神宮大会明徳義塾の優勝で終わった。MVPはもちろんこの人。エース・市川 悠太だろう。3試合すべてを完投。計6失点。さらに決勝戦は94球、4安打完封と安定感抜群のピッチングで、優勝に導いた。公式戦10試合すべて完投勝利を挙げた市川は、なぜ1人で投げ切りたいと思ったのか。それは高知県人としてプライドがあった。

実は満身創痍でのピッチング それを微塵と感じさせない気迫がこもったピッチング



市川悠太(明徳義塾)

 まさに市川ワールドだった。創成館打線に対し、「実は練習試合で対戦経験があり、10対3で勝ちましたけど、8回まで投げて被安打10と打たれているイメージしかなかったので、なんとしても抑えたかった。しっかりと振ってくる打線だと思うので、しっかりと休んで明日に備えて修正したい」と話した市川。今日のピッチングはこれまでの2試合と比べても最高のピッチングだった。

「今日は本当に良かった。何が良かったといえばストレートです。ストレートも球威がありましたし、コントロールもよかった」

 ストレートは135キロ~139キロと決して速いわけではない。だが、回転数が高く、球威があり、コントロールされたストレートに、これまで神宮で快音を響かせた創成館打線が沈黙した。

「今日はストレートが良いので、相手もどんどん打っていくのですが、それがホップフライやゴロになって球数低く抑えることができた」と語るように、9回まで投げて94球。4安打、3四死球とまさにエコピッチングで秋の頂点に立った。これで高知県大会からすべての試合を完投勝利。まさに鉄腕というべき道のりである。

「新チームが始まった時からすべて自分が投げることが決まりました。監督にも言われましたし、自分もそのつもりでした」

 そして神宮大会でも4日間で3試合を完投勝利。それでも、「連投は大丈夫ですし、もともとスタミナはあるほうなんで」という市川だが実は満身創痍だった。高知大会中に痛めた右足内転筋が神宮大会になって再発した。そして準決勝の静岡戦では、右手の爪が割れた。それでも「気にしたら投げられないので、爪の方は気にしなかったら大丈夫でした」とケロリといいのける市川はただモノではない。

 1人で投げたい。投げ切りたい。そのエネルギーはどこからくるのか。それは、高知県人として甲子園に導きたい思いがあった。

【次のページ】 高知県人の僕が甲子園に勝てば文句はない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

市川悠太
市川 悠太(いちかわ ゆうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:184センチ74キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    市川 悠太
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第176回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.20 市川悠太(明徳義塾)「高校生ナンバーワンサイド。10失点を成長の糧に」【ドラフト特集】
中央学院vs習志野【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 高知東「第3の男」飛躍の予感【四国発】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
日本航空石川vs明徳義塾【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
第614回 田中闘(明徳義塾)「恐怖の攻撃的2番打者。類まれなバットコントロールを生み出した練習法」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
明徳義塾 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー