第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」2017年11月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]乙訓の精神的支柱となった川畑
[2]智辯和歌山戦で学んだこと

 京都大会から快進撃を見せてきた乙訓。準々決勝で2年連続選抜出場の智辯学園を9対4で破り、準決勝の智辯和歌山には9回表までリードするなど、力強い戦いを見せてきた乙訓。選手たちの考え、話を聞くと、エース・川畑 大地を中心としたチームであることが分かった。原動力となった川畑の歩みを振り返る。

乙訓の精神的支柱となった川畑

 入学当時から135キロを投げるなど、投手としての才能は光るものを持っていた川畑。1年秋から富山とともに公式戦に登板。秋はベスト4入りしたものの、2年春は、2年夏は初戦敗退と、苦しい時期を送っていたが、それでも2年夏には最速140キロに達しており、順調にその素質を伸ばしてきた。だからこそ、新チームがスタートしたとき、選手たちは「川畑、富山の2人は守りを計算できるので、自分たちが打って、援護できるチームを目指しました」とともに投げる富山抜きでは語れないチームを目指していたのである。そして任されるのは、先発だけではなく、リリーフとして。市川博久監督は、川畑にリリーフを任せる理由についてこう語る。
「やっぱり精神的なところですね。川畑はメンタルが強く、落ち着いて投げることができる。だからこそプレッシャーがかかる後ろでは、川畑に任せることができるかなと」
 そして同じく2枚看板として投げる富山も川畑のことをライバルとして認めつつも、川畑のことを信頼している。
「練習では良きライバル、試合では良き仲間として頑張っています。川畑がいるからこそ、先発で投げるときは思い切り投げることができます。練習の時は技術的なアドバイスを指摘しあうこともありますが、試合の時は、精神的なアドバイスもいただいて、本当にありがたい存在です」
京都大会では一次戦、二次戦を勝ち抜き、近畿大会出場がかかった準決勝立命館宇治戦では、富山が7回無失点の好投を見せ、川畑が8回からリリーフとして登場し、無失点の好リリーフを見せ、初出場に貢献。決勝戦の京都翔英戦では、2失点完投勝利を挙げ、見事、京都1位で出場したのであった。
初戦をコールド勝ちして、2回戦の智辯学園戦で、2回1失点のリリーフを見せ、選抜へ前進。迎えた準決勝の智辯和歌山戦では、先発として登場した。

【次のページ】 智辯和歌山戦で学んだこと

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

川畑大地
川畑大地(かわばた・だいち)
  • ポジション:投手
  • 身長:173センチ68キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    川畑 大地
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
第754回 圧倒的強さ見せた龍谷大平安、激闘の京都大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
センバツ出場乙訓のWエース川畑・富山投手の野球ノートに綴られたチームへの想いとは【現地記者の高校野球取材ノート】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
乙訓vs智辯学園【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
川畑 大地(乙訓) 【選手名鑑】
乙訓 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー