第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」2017年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園ではメンタルの強さを学んだ
[2]トレーニングと投球術を専門的に学び、大学球界を代表する剛腕へ
[3]大学4年生でピッチングの奥深さを極め、隙なしのピッチングを展開

 今年の大学生で上位候補として取り上げられる馬場 皐輔(仙台大)。最速155キロのストレートと7種類の変化球を武器に、仙台六大学リーグでは通算15勝、防御率1.34と安定した実績を積み上げた。仙台育英時代は最速145キロの右腕がなぜ、ここまでのレベルに到達したのか。それは高い意識と計画的な練習による積み上げで、今の馬場があった。


甲子園ではメンタルの強さを学んだ

馬場 皐輔(仙台大)

 野球を小学校3年生の時から始めた馬場は、その時から投手。塩釜三中時代では七ヶ浜シニアに所属し、仙台育英に強い憧れをもって入学。まだその時は120キロ台の投手だった。同期の選手たちのレベルが高く、なかなか試合に出場することはできなかったが、その中で地道に積み上げていきながら、入学当初、120キロ台だったストレートの球速は、2年秋には135キロまで速くなった。

 そして2年秋、東北大会優勝。明治神宮大会でも完投勝利。順調に結果を残しているように見えたが、「当時は野球もわかっていなかったですね。ピッチングの技術もなかったので、漠然と投げていたイメージしかありません。本格的に野球を知り、そして野球をしていたと感じるのは高校3年の春から。秋までは怖いもの知らず。野球の怖さを知らないまま来た感じでしたね」と振り返る。

 その野球の怖さを知ったという3年選抜。馬場は初戦の創成館戦で1回無失点の好投、続く早稲田実業戦でも先発として、7回1失点の好投。選抜ベスト8入りに貢献する活躍を見せたが、いろいろなことが学べた場所だという。特に学んだのはメンタルコントロールだ。

「春夏通じて、プレッシャーや緊張の中でどんな風に投げれば、普段通りの自分のピッチングができるのかを学ぶことができました。甲子園はピンチになると、マイナスな考えが働く場所でもあります。甲子園で、自分のメンタルをコントロールするのが春夏通じて良くなったと思います」

 選抜から帰ってきて、馬場はさらに成長を見せる。いろいろな人からフォームのことについて教えてもらい、試行錯誤を重ねた馬場は、東北大会期間中に、最速145キロ~6キロをマークするまでに。そして夏の甲子園にも出場。初戦の浦和学院戦でリリーフ登板。春の優勝チームあいてに、最速145キロを計測するなど、6.1回を投げて2失点の好投を見せた。馬場にとって印象深い試合となった。

「負けたら終わりで、一戦も落とせない。チームで一丸となって戦う大切さや嬉しさもありましたし、ピッチング自体も1球の怖さを試合の中で理解しながら1球で試合の流れが決まるっていう緊張感の中で投げれたかなと思う」

 浦和学院を破った仙台育英だが、2回戦で常総学院に敗退。3年間で大きく成長を見せた馬場だが、大学進学を決意。

「まだまだ自分の実力が足りないと思いましたし、体もまだまだ小さかった。大学でピッチングであったり、体のことであったり、もう一度自分を見直したい。仙台大で体育大ってこともあり、自分にあった大学と思い入って4年間で力をつけたいと思いました」

 こうして仙台大の入学を決意した馬場。ここでもしっかりと積み上げながら成長を果たす。

【次のページ】 トレーニングと投球術を専門的に学び、大学球界を代表する剛腕へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

馬場 皐輔
馬場 皐輔(ばば・こうすけ)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ90キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 経歴:仙台育英‐仙台大
  •  
【関連記事】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第490回 郡司 裕也選手(仙台育英-慶應義塾大)「侍ジャパンの経験も糧に、慶應義塾で『丘の上』のその先へ」【後編】 【2017年インタビュー】
馬場 皐輔(仙台育英) 【選手名鑑】
仙台育英 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー