目次

[1]“野球”を叩き込まれた履正社時代
[2]走攻守で意識していること
[3]2000本安打を打てるような選手に

 大学ナンバーワン内野手としてプロから注目を集める宮本 丈は走攻守、3拍子揃うバランスの良さが魅力。入学と同時にショートのレギュラーに定着し秋には首位打者に輝くなど安打を積み重ねた。履正社時代には甲子園に2度出場。高校時代に培ったものが今でも生きているという。


“野球”を叩き込まれた履正社時代

宮本 丈(履正社ー奈良学園大)

――リーグ通算100安打達成、おめでとうございます。節目の一打はどんな安打でしたか?

宮本丈選手(以下、宮本):負けてる展開だったので100安打ということは全然意識せずに、スリーベースで同点に追いつけたので打ってから100安打行ったんだ、という感じでした。

――履正社に入るきっかけを教えてください。

宮本:中学2年生の時に岡田監督から声をかけてもらったのと家から近いので。それと大阪の高校で甲子園に行きたかったので。

――甲子園の思い出は?

宮本:良いことと悪いこと、両方経験できたんで。2年生の時は全然自分のプレーできなくて、甲子園全然楽しくないやんという思いだったんですけど、その思いを晴らすために1年間頑張って、自分達の代では1回戦で負けたんですけどヒットも打って、納得いくプレーできたんで、今思えば成長出来た2度の経験でした。

――履正社の練習は自主性重視。そこで学んだことが大学野球でどう生きていますか?

宮本:自主的なことを求められてるところですけど、“野球”ということをめちゃくちゃ教え込まれるので、それは今後も野球やっていく中でずっと生きていくんやろなと思います。口で説明するのは難しいんですけど、理にかなっているというか、スタートを切るタイミングとかチームの決まり事が何十個もあるぐらい細かくて。履正社卒業してるやつらは叩き込まれているので、そこは周りとの差あると思います。

――履正社の練習は木製バットで行うそうですが、そこで学んだこと、意識したことはありますか?

宮本:上の世界行ったら木製なので。それでいい打球を打てるということはいい打ち方してるということなので、どうしたらいい打ち方が出来るかなと意識してやってました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。