第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」2017年10月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]“野球”を叩き込まれた履正社時代
[2]走攻守で意識していること
[3]2000本安打を打てるような選手に

2000本安打を打てるような選手に


――進路をプロ1本に絞ったのはいつですか?

宮本:漠然とはありましたけど、大学に入ってからですね。4年間はそれでやると決めていたので。人間本気になったら何でもそれなりのことはできるなと思います。

――プロに行ける、という確信に近いものはいつぐらいからありましたか?

宮本:最近ですね。雑誌に載せてもらうようになって、自分の名前が載ると行けるんちゃうかな。注目されるまでは自分の出来ることを毎日やるだけ。周りに左右されず出来たことは良かったなぁと思います。それがあったから今の位置までたどり着けたと思います。

――最近、というのは春のリーグ戦ぐらいですか?

宮本:いや、春は神宮行けなかったので、まずそこでやばいなと思ったのと、でも首位打者獲ったしなというのもありましたし。3年生の時にバンって行ったのもあったのでそこから伸び悩みというか結果が伴ってない気もしたんですけど、ジャパン行って秋のリーグ戦が始まる前ぐらいですね。ドラフトモードになってネットや雑誌で(自分の名前)が出るようになってくると行けるんかなとか(笑)でも今年何もしていないので、ドラフト直前でもうやり切ったといえる試合にしていきたいですね。

――プロではどんな選手になっていきたいですか?

宮本:入れたら1年でも長く野球出来たらいいなと思ってます。でも将来は1番の目標は2000本安打を打てるような選手になりたいと思ってるので、そのためには長くやらないといけないので、そこは目標にしてますね。

――最後に高校球児へ自分の夢をかなえるためにどんなことが必要なのかメッセージをお願いします。

宮本:人間はどのタイミングで力伸びるかわからないんで、僕は高校3年の終わりかけだったので、高校で名前が出たわけじゃないんですけど、でも野球選手になりたいとかみんな絶対そう思ってると思うので、あきらめずに大学で伸びる場合もあるので、それは自分の取り組み次第ではここまでは来れます。

(インタビュー/文・小中 翔太

注目記事
今年も全国各校の熱い想いを紹介!「僕らの熱い夏2017」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

宮本 丈
宮本 丈(みやもと・たけし)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:181センチ80キロ
  • タイプ:右投げ左打ち
  • ■選手名鑑
    宮本 丈
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」【ドラフト特集】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集】
第711回 北大阪展望 大阪桐蔭、履正社のブロックには実力校が集結!【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第5回 北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第574回 安田 尚憲(履正社)「打撃の求道者、あくなき追求が劇的勝利を呼び込む」 【2017年インタビュー】
第485回 履正社高等学校 安田 尚憲選手「西日本最強スラッガーが追求する打撃像」【後編】 【2017年インタビュー】
宮本 丈(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー