第566回 藤原恭大(大阪桐蔭) 「新境地を拓いた左方向のバッティング」2017年09月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ。日本代表はメキシコ代表と対戦。10対1で大勝したが、その先制打を打ったのが藤原 恭大である。大阪桐蔭の強打の1番打者として活躍を見せてきた藤原が早速、本領を発揮した。

木製バットを握って生まれた打撃面の意識の変化

藤原恭大(大阪桐蔭)

 勢いに乗ったら止まらない藤原 恭大が戻ってきた。10対1で大勝した日本だが、メキシコの先発・ガルデアは掛け値なしに良い投手だった。190センチの長身から繰り出す直球は常時140キロ前後で最速146キロ。事前情報がない藤原は、打席に立った瞬間。速いと感じたようだ。

 やるべきことはトップの形成で立ち遅れないことと、そしてくらいつくことだ。藤原は甲子園の時と比べると、少しステップを小さくして、速球に対応することを意識。1打席目は自慢の俊足を生かして、遊撃内野安打で出塁した藤原。そして第2打席。一死満塁で打席に回ってきた。

「三振をしないこと。とにかくくらいついていくことを意識した」と振り返るこの打席はガルデアがこの日最速となる146キロのストレートだった。しっかりと叩いた打球はレフトの頭を超える走者一掃の適時二塁打となった。

 左方向の打撃は藤原にとって1つの進化である。藤原といえば、インコースに強く、思い切り引っ張って本塁打あるいは長打にする選手であるが、今回は外角。それも146キロで微妙に動くストレートである。ここに藤原の打撃に新たな可能性を感じた。藤原自身、手ごたえを感じており、打撃スタイルの変化がこの二塁打を生んだ。

「金属バットだとホームランを意識してしまうのですが、木製ではそれができないので、とにかくヒットを打つことを心掛けて打っています」

 藤原の打撃は先輩からの影響も大きく、主将である清宮 幸太郎から柔軟性を学んでいるようだ。
「清宮さんの柔らかさ。あのバッティングは見習いたいですね。力が上手く抜けていますし、ああいうバッティングができればと思うのですが、なかなか難しいです」

 安田 尚憲履正社)からは自分のバッティングスタイルと似通っていることが大きく、参考になる点が多いようだ。
「安田さんのバッティングを見ると、パンチの強さが凄いと実感します。安田さんのバッティングが自分と似ているのは強くボールを叩くところで、いわゆるパンチショット。それを参考にしています」

 こうして藤原は実力ある先輩から学び取りながら進化を見せている。今回の左方向へのバッティングは新境地を拓いたバッティングだったのではないだろうか。

 「自然と逆方向に強い打球が行くのは調子が良い証拠です」と本人が語るように、藤原はさらにインパクトある活躍を見せてくれるはずだ。

(取材/文・河嶋 宗一



注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

藤原恭大(大阪桐蔭)
藤原恭大(ふじわら・きょうた)
  • ポジション:外野手
  • タイプ:左投左打
  • ■選手名鑑
    藤原 恭大
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第789回 満を持して訪れたプロの機会 目標は即戦力左腕!!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.3 【2018年インタビュー】
第788回 諦めずにつかんだエースの座 平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.2 【2018年インタビュー】
第787回 藤浪、澤田に刺激を受けながら春夏連覇を経験!平尾奎太(大阪桐蔭出身-Honda鈴鹿)vol.1  【2018年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第181回 ミレニアム世代のトップランナー・根尾昂 3年間の足跡を振り返る!【ドラフト特集】
第799回 大阪2強など強豪校が勢ぞろい!激戦の近畿大会を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー