第556回 石川 翔(青藍泰斗)「葛生の剛腕、最後の夏は最高の夏に」2017年07月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]転機となった打撃投手の経験
[2]自分の欠点をどう修正したのか
[3]打倒・作新学院の思いはずっと持ち続けている

自分の欠点をどう修正したのか

石川 翔(青藍泰斗)

「秋季大会は思ったようなピッチングができず、まったく手応えを感じられませんでした」
そこで、大会終了後、石川投手はすぐにフォーム修正に取り組み、そのまま冬のトレーニングへ進んでいくことになった。

――体が開くクセを治すためにやったことは何ですか?

石川 翔選手(以下、石川):左手に力が入っていたのが原因だったので、とにかく力を抜くようにしました。そして、これまで一塁側へ横に動いていたグローブを、そのまま下に動かすように意識して投げるようにしています。

――体の開きを抑えたフォームにしたことで、他に良くなった点はありますか?

石川:体のねじりをうまく使えるようになりました。昨年までは上半身だけで投げるような形だったのですが、今は下半身に粘りが出てきて良いボールが投げられるようになっていると思います。

――その下半身を鍛えるために、オフシーズンはどのようなトレーニングをしてきたのでしょうか?

石川:12月から2月まではボールを触らずに足腰を鍛えるトレーニングだけをしていたのですが、走り込みで階段を駆け上がったり、400mのダッシュを5本やったり、学校まで1kmほどの距離を毎日、走ったりしました。あとはタイヤ押しとタイヤ引きですね。正直、特別すごいことをやっているわけではないのですが、自分は継続してやり続けることに意味があると思っていましたし、一つひとつに対して本気になって励むことができました。そのおかげで尻周りが大きくなったので、トレーニングの成果は出ていると思います。

――体を大きくするために食トレもしたそうですね。

石川:左ヒザを手術した時、ちょっとした体幹トレーニングしかできなかったので太ってしまったのですが、復帰してバッティング練習をしたら飛距離が伸びてパワーが付いていたんです。それで、体は大きい方が良いと思って、今、ごはんは昼800g、夜は1kg食べるようにしています。元々、それほど食べる方ではないのですが、野球のためなら頑張れるので、それほど苦にはなっていません。

――そのほかにオフシーズンで取り組んだことはありますか?

石川:球質を良くしたかったので指先を鍛えました。中に砂が詰まっている球を掴んだり、離したりを100回×2セットやったのですが、昨年までは力を入れないと強いボールが投げられなかったのが、今は力を抜いた時でもキレのあるボールが投げられています。変化球もスピンがかかるようになったので、縦のスライダーが特に良くなりました。

【次のページ】 打倒・作新学院の思いはずっと持ち続けている

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石川 翔
石川 翔(いしかわ・しょう)
  • ポジション:投手兼外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ80キロ
  • ■選手名鑑
    石川 翔
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第130回 「上手さ」を「強さ」に。國學院栃木(栃木)が夏を突破するためのキーワード【野球部訪問】
第107回 作新学院を破った石橋(栃木)が21世紀枠の推薦校に選出されるまで【後編】【野球部訪問】
第106回 21世紀枠推薦校!平日2時間練習の石橋(栃木)はなぜ作新学院を破ることができたのか?【前編】【野球部訪問】
第1205回 高卒プロ入りへ!独自大会で飛躍を誓う142キロ右腕・佐々木康(青藍泰斗)が見据える未来 【2020年インタビュー】
第1204回 石川翔に続くプロ野球選手に!最速142キロ右腕・佐々木康が積み重ねてきた土台とプロ入りへの想い 【2020年インタビュー】
第1203回 高校通算20本塁打を放つ石川 慧亮(青藍泰斗)!アベレージヒッターから長距離砲に生まれ変わるまで 【2020年インタビュー】
第1022回 栃木の勢力図に楔を打ち込んだ青藍泰斗。ドラフト候補2人を擁し夏の飛躍へ【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
石川 翔(青藍泰斗) 【選手名鑑】
石川 翔(神戸国際大附) 【選手名鑑】
小山 【高校別データ】
佐野 【高校別データ】
青藍泰斗 【高校別データ】
栃木 【高校別データ】
栃木商 【高校別データ】
栃木農・栃木翔南 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー