目次

[1]苦手なことにしっかりと取り組める素質が根岸にはある
[2]関東大会のピッチングは今まで一番良いピッチング

 140キロを投げる投手4人おり、前橋育英140キロカルテットとして注目される前橋育英。その中で将来性で一番として期待されるのが根岸 崇裕だ。192センチの体格から振り下ろす140キロ台の速球が持ち味の本格派右腕である。今までは控えとして回ることが多かったが、関東大会では初めて背番号「1」を背負ってマウンドに登っている。どんな思いでマウンドに登っているのか。

苦手なことにしっかりと取り組める素質が根岸にはある

 館林二中では軟式でプレー。入学当時から190センチを超える長身から130キロ台の直球を投げ込んでいた根岸。だが、同期のライバルの存在もあり、なかなか登板機会が得られなかった。
「今もそうですけど、当時は全然動けなかったので、動作のキレを求めてランメニューを大事にしていきました」
 そこで根岸が取り組んできたのは動作のキレを高めるショートダッシュだ。冬場も、一冬超えてからもショートダッシュを中心にランメニューを行い、動作のキレを高めてきた。そうすると一冬超えてから、「体にキレが出てきて、フォームも良くなってきました」と本人が手応えを掴んだように、選抜の中村戦では、140キロ台連発するなど、上々の甲子園デビューを果たした。しかし先発した報徳学園戦では初回4失点でマウンドを降りる結果となってしまい、チームも敗れた。

 この試合について根岸は、「あの日を境にもっと1つの練習の質を高めていかなければならない」と1日1日の練習を大事に取り組んできた。ひたむきに練習に取り組む根岸の姿に荒井直樹監督は「根岸は、本当にコツコツと取り組める選手で、入学からかなり伸びた選手です」と取り組む姿勢を評価している。根岸は走ることだけではなく、変化球もあまり投げられなかった選手で、入学当時はストレートとカーブのみ。だが、今ではスライダー、ツーシーム、スプリットも投げられるようになるまでになった。苦手なことを向き合って取り組む根岸を荒井監督は春季県大会では先発として起用してきた。