目次

[1]全てのボールを「全身を使って腕の振れる位置」で投げる
[2]高校時代の怪我が探求心の深さにつながった
[3]「うまくなりたい。上手になりたい」を持って勉強してほしい

 第3回では、皆さんが気になるお化けフォークの投げるポイントや、故障しないための考え方を紹介します。

全てのボールを「全身を使って腕の振れる位置」で投げる

千賀 滉大投手(福岡ソフトバンクホークス)

――千賀投手の投球についての話についても少し。千賀投手は試合でかなりフォークの割合が多いですが、あれだけフォークを投げられる理由には握力の強化もあるのですか?

千賀 滉大投手(以下、千賀):僕のフォークは力を入れて挟んでいるのではなく、ストレートから指を少し開く感覚で握っているので、さほど握力は必要としません。もしフォークが疲れていた(抜けていた)とすれば、ストレートもスライダーもすべてが疲れて浮いていると思っています

 自分自身、握力は全然ないんです。ライスバケツでライスを掴んだり、前腕を鍛えることはもちろんやっていますし、握力も少しは上がっていますが「フォークをあれだけ投げているから、握力はすごいんじゃないの?」と聞かれても、全然握力時代は普通です。高校生と同じですよ。

――ということは、千賀投手のストレートも指先でボールを押すようなイメージもあると思いますが……

千賀:「指先で押す」とか「潰す」ですよね?それも全くないです。僕は指先とか、肩ではなく、先ほど話したように全身の動きの中で「腕の振れる位置」を探しています。

 僕は「押し潰す」「持っていく」とかいう動作はヒジに悪い動作と考えていますし、中日ドラゴンズの吉見 一起さんとオフに一緒に練習させて頂いた中で「そこに行く投げ方」をしていた参考にさせて頂いて「自然とそこに行く」投げ方を練習しています。

 たとえば「持っていった」場合は、MAXの力がかかり、緊張感がそこに重なると肩やひじには絶対に悪い力がかかる。なぜかというと「自分が無理しているから」なんです。

――その通りです。

千賀:だから「無理しない位置を探す」ということが一番大事になるんです。そうするとアウトコースを狙って中に入った場合でも、「頭が突っ込んでいるんじゃないか」とか「身体の開きが早いんじゃないか」と考えられるようになると思います。

 一番怖いのはそこで身体全体の動きを直そうとせずに、手や腕だけを操作して修正しようとしてしまうこと。そんなボールを投げても試合では打たれます。

 僕は高校時代にケガでほとんど大会に投げられなかったですし、練習試合でもたくさん投げることがなかった。そこは僕が高校生活で後悔している部分なので、そんな選手が1人でも少なくなってくれたら嬉しいと思っています。

 これはレベルの高い話になってしまうかもしれませんが、身体全体の動きの中で「自然と腕が振れる位置」を探してほしいですね。