第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】2017年06月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]コミュニケーションをどんどん取って、感性を磨こう!
[2]高校生のキャッチャーへメッセージ

昨年は25年ぶりのセントラルリーグ制覇を果たし初のゴールデングラブ賞・ベストナイン捕手部門を受賞した広島東洋カープ・石原 慶幸捕手。県立岐阜商(岐阜)から東北福祉大を経て2001年ドラフト4位で入団してから16シーズン目を迎えた今年、2連覇を見据える鯉の女房役として、洞察力あふれるリードで若き投手陣を陰日なたで支え続けている。

 今回はそんな石原選手が、そんな捕手メソッドの一部を高校球児のみなさんのために公開!高校球児目線を常に考慮して頂きながら「捕手講座・基本編」を展開してもらった。最終回では「コミュニケーション」の重要性について語っていただきます。

広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】から読む
広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】から読む

コミュニケーションをどんどん取って、感性を磨こう!

石原 慶幸選手(広島東洋カープ)

――自分のピッチャーの性格を知るということも捕手としては重要な要素になりますか?

石原 慶幸捕手(以下、石原):高校野球の場合は全体練習があると思いますし、普段の学校生活で同じクラスということも多いと思います。ですから、性格上のコミュニケーションはできてると思います。

 そして試合後は、自分も冷静になって気づくこともあるので、いつ言えば最も投手の頭に入るかを考えて話をしていく。それを積み重ねることによって、どんどんいい感じのコミュニケーションが取れると思います。

――投手への聴き方も大事ですよね?

石原: あえて自分の意見の前にピッチャーに聞く方法もあります。そこで何も言わないってことは何も考えてないということだと思いますし、そのときに自分に言ってきたならば「そういう考えで投げてたんだ」と。そこでもし自分の考えと一致してなければまたコミュニケーションを取ればいい話ですし、自分と同じ考えだったら「次はもっと意識しよう」とか言えればいいですよ。

 それと高校生だったらエースだけじゃなく、2番手、3番手の投手ともコミュニケーションをとっていれば試合に入ってもバタバタすることはないと思います。

 どんな些細な事でもいいので、野球に関することじゃなくてもいいのでコミュニケーションを取って、お互いの気持ちをつないで、自分の感性を大事にしていければいいと思います。

【次のページ】 高校生のキャッチャーへメッセージ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

石原 慶幸
石原 慶幸(いしはら・よしゆき)
  • 広島東洋カープ
  • 経歴:県立岐阜商-東北福祉大-広島東洋カープ
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:177センチ90キロ
  • 生年月日:1979年9月7日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第795回 前評判通りの学校が力を見せた秋季岐阜大会を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第1回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【広島東洋カープ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第496回 県立岐阜商(岐阜)全県の期待を担って、名門復活を目指していく【野球部訪問】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第551回 第99回全国高校野球地区大会を振り返って「伝統校と新鋭校が入り混じった今年の東海地区」【大会展望・総括コラム】
第526回 【岐阜展望】波乱の秋から安定の春を経て、夏の激闘へ【大会展望・総括コラム】
第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
第540回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
第518回 ロサンゼルス・ドジャース 前田 健太投手(PL学園出身)「投球も守備も上達する野球の向き合い方」 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
県立岐阜商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー