目次

[1]「勝てる捕手」になるために求められることとは
[2]好投手にはいかに持っているものを出してもらうか
[3]試合では点差に関わらず常に淡々と振る舞う

好投手にはいかに持っているものを出してもらうか

山内佑規捕手(東京ガス)

 山内選手は高校、大学、社会人を通じて、常に好投手とバッテリーを組んできた。桐蔭学園では加賀美希昇投手(法政大-横浜DeNA、現・JR西日本)の、明治大では野村 祐輔投手(広陵出身、現・広島)の、そして東京ガスでは、今年のWBCで存在感を示した石川歩投手(滑川-中部大、現・千葉ロッテ)や、ドラフト1位で今年からオリックスの山岡 泰輔投手(瀬戸内出身)の球を受けた。こうした好投手の良さを引き出す″秘訣″のようなものはあるのだろうか?

「僕は好投手が本来の力を出してくれれば勝ちにつながる、と思っています。ですから自分が引っ張ろうとか、引き出そう、というのはないですね。いかにいい投手の良さを殺さずに、持っているものを出してもらうか。それだけを考えています。一口に好投手と言ってもいろいろなタイプがいるので、簡単なことではないですが」

 投手の考えを知るため、山内選手は投手とはマメにコミュニケーションを取るようにしているという。
「まずは相手を理解することが配球の第一歩なので」と山内選手。「ロッカーや風呂場など、グラウンド外でもよく投手とは話をしますね」と続ける。

 もっとも投手と密にコミュニケーションを図るようになったのは大学時代からで「高校時代は自分のことで精一杯で、そういう余裕はなかったです」

 配球については「正解はないのでは」と考えている。しかしその一方で「サインには根拠が必要」とも。
「絶対に打たれないボールはないので、結果的に打たれてもしまっても″このボールで打たれたら仕方がない″というサインを決めることが大事だと思います」