第528回 専修大学 高橋 礼選手「アンダーハンドでも140キロ超えができたワケ」【後編】2017年04月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自分の「間」が作れているかが調子のバロメーター
[2]地面すれすれに投げるためのカギは下半身にあり
[3]少数派だからこそ感覚を言葉にする必要がある

 188cmの長身を沈め、アンダーハンドから最速141kmのストレートを繰り出す専修大の高橋 礼投手。大学球界を代表するサブマリンは、プロのスカウトからも熱い視線を集めている。

 東都リーグ最多を更新する33度目の優勝に向かって右腕を撫す高橋投手。後編ではアンダースローの鍵となること、そして髙橋投手が大事にしている「感覚」について伺いました。

自分の「間」が作れているかが調子のバロメーター

高橋礼投手(専修大)

 専大松戸では名将・持丸 修一監督の薫陶を受けた。竜ヶ崎一藤代常総学院の監督として春夏通算7度甲子園に出場し、2015年夏には専大松戸を初の甲子園に導いた持丸監督は、髙橋投手の2学年上にあたる上沢直之投手を北海道日本ハムに送り出すなど、投手指導に定評がある。

 「持丸監督にはクイック、けん制、フィルディングなど、アンダーハンドである前に投手として必要な技術を仕込んでもらいました。これは今も役に立っています」
髙橋投手は専大松戸時代、3年春からエースとなり、同春の関東大会での4強進出に貢献している。ただ高校でのハイライトは、県ベスト4になった3年夏の4戦連続完封だろう。「あの時は捕手と呼吸が合っていましたし、データでわかっていた各校の打者のウィークポイントにきっちり投げることもできました。これも含め、4連続完封できた要因はいくつかあると思いますが、一番はバッターをしっかり見ながら、自分の「間」で投げられたからでしょう」とプロ注目のサブマリンは振り返る。

 調子がいい時の髙橋投手は、紅白戦などで対戦した自チームの選手から「真直ぐも変化球も腕が振れていて、どちらが来るか全く分からない、と言われる」そうだが、このような状態でもあったのだろう。

 対して0勝と不本意なシーズンになった昨秋のリーグ戦は「打者を観察して投げることができませんでした。打者が真直ぐを待っているとわかっているのに、変化球が決まらず、結果的に真直ぐを打たれてしまう。悪循環を繰り返してしまったシーズンでした」。髙橋投手はこのように自らを省みると「僕の悪いクセでもあるんですが、ピンチの時に投げ急いでしまっていたところもあった」と加えた。

 「投げ急ぐと打者の「間」に合ってしまいます。打者からするとタイミングが取りやすくなる。そこで今年は、投げ急がないようにするのはもちろん、打者や場面によって、打者が待つ「間」を長くしたり、反対にクイックで投げるなど、間合いを変えるようにしています」

【次のページ】 地面すれすれに投げるためのカギは下半身にあり

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高橋 礼
高橋 礼(たかはし・れい)
  • 専修大学
  • 経歴:専大松戸-専修大
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:188センチ80キロ
  • 生年月日:1995年11月2日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第768回 2018年のテーマは「逆方向」!春に結実 野村佑希(花咲徳栄高)  【2018年インタビュー】
第787回 秋の千葉も戦国 いきなり習志野vs拓大紅陵など好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第155回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.1 「柴田颯、今里凌、小幡竜平」【ドラフト特集】
第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!【大会展望・総括コラム】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
第524回 専修大学 髙橋 礼選手「アンダーハンドの利点」【前編】 【2017年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
第455回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「野手ではなく、投手としてプロ注目だった高校時代」・前編 【2016年インタビュー】
高橋 礼(専大松戸) 【選手名鑑】
専大松戸 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー