目次

[1]無意識下でこそ体現出来る世界がある
[2]メンタルとコントロールの深い関係性
[3]高校球児へのメッセージ

 後編では東浜 巨投手に引き続き、コントロールを良くするための極意を伺った。テクニカル、メンタル、トレーニング面においてさまざまなアドバイスをいただいた。
前編インタビュー「制球力を高めるにはイメージできることが大事」

無意識下でこそ体現出来る世界がある

東浜 巨投手(福岡ソフトバンクホークス)

――テークバックの際に、ヒジが高く上がるフォームが印象的ですが、ヒジの高さは意識しているのですか?

東浜:あれは完全に無意識です。横を向いてる時間を長くしよう、ギリギリまで横を向いてようという意識を持つ中で、気づいたらああいうふうにヒジが上がっていたという感覚です。

――無意識だからこそ生じる動作も多々ありそうですね。

東浜:ありますね。ピッチングを難しく考えてしまうとうまくいかないので、極力シンプルに、単純に考えることが大事だと思っています。自分の場合は、狙うところを決めたら、足を上げてまっすぐ立ち、両足の内側をしめるイメージで前に出て行き、着地したあとはグラブ側の手を止めて、あとは体をターンする、というイメージ。試合になるとさらにイメージはシンプルになり、足を上げて一本足で立った後は極力意識を入れないようにしています。

――「ボールを持った利き腕は振るものではなく、勝手に振られる感覚が理想」と言われることがありますが、東浜さんの利き腕に対する意識はどのようなものですか?

東浜:腕を振るという意識はないですね。腕でなにかをしようという意識があると、そのことが力みにつながり、スムースな体の回転と腕の振りを邪魔してしまう。腕に対する意識は「力を抜く」くらいです。

――体が回転した結果、利き腕が自動的に振られる感覚がやはり理想ですか?

東浜:理想でしょうね。その感覚で投げられればボールのキレもコントロールもよくなると思いますから。でも実際はプロでもその域に達している人はそんなに多くないと思います。

――そういうものですか。東浜さんからみて、理想の腕の振りを体現している投手は誰ですか?

東浜:楽天の則本昂大じゃないですか?体の使い方が抜群で、いつも「いいフォームだなぁ」と思いながら見ています。あれぞ腕が自動的に振られている状態。故障もしにくいと思います。