目次

[1]内野手の原点に戻れた2016年
[2]藤田一也のポジショニング論
[3]藤田選手から高校球児へポジショニングのアドバイス

「1年前、この部屋でグラブの話をしましたよね。よく覚えてます」
濃色のシックなスーツ姿で取材陣の待つ一室に登場した東北楽天ゴールデンイーグルス・藤田一也選手。自身のグラブへのこだわりをテーマに展開した1年前のインタビューのことをはっきりと覚えてくれていたことに嬉しくなる。前回のインタビューから年齢をひとつ重ね、34歳となった守備の達人。爽やかなオーラと落ち着いた柔らかい笑顔が相変わらず印象的だ。

「今年も守備をテーマにお話をいろいろとお聞かせください」
「わかりました!」

 2013年から2年連続でゴールデングラブ賞を獲得し、さらに昨年も三度目のゴールデングラブ賞を受賞。二塁手としての通算守備率9割9分2厘を誇る球界屈指の名手。いったいどんな話が聞けるだろうか。

内野手の原点に戻れた2016年

藤田一也選手(東北楽天)

――昨年のインタビューでは「使い慣れた愛着のあるグラブは1年でも長く使いたい。2013年から3シーズン使ったグラブがまだ使えそうなので、4年目も引き続き使う可能性が高い」というコメントで結んでいます。最終的には4年目を迎えたグラブとともに2016年シーズンを過ごす決断をされたのですか?

藤田:結論から言うと使わなかったです。使おうと思えばまだ使えたのですが、最終的には前年まで練習でならしていたグラブを2016年シーズンの試合用グラブに昇格させました。最大の理由は目標にしていたゴールデングラブ賞を2015年に獲れなかったことですね。流れを変えたい気持ちが強かったので、思い切ってグラブも新しく変えてしまおうという決断に至りました。

――そうだったんですか。本拠地である楽天Koboスタジアム宮城は内野部分にも芝生が敷かれた全面天然芝球場として生まれ変わりました。1シーズン、プレーしてみていかがでしたか?

藤田:前年までは全面人工芝だったので、大きな変化を感じましたね。一番変化を感じたのは、イージーバウンドが減ること。やはり人工芝でのプレーは優しいバウンドが多かったんだなということを痛感しました。人工芝から土のグラウンドになっただけでもイージーバウンドが減るのに、内野に芝生が張られていることで不規則なバウンドになる要因がさらに増える。加えて、春先や秋口の仙台は寒く、芝生の表面に霜が降りることが多いのですがその影響で打球がスリップするんです。霜の付き方や量でスリップの仕方も変わってくる点も厄介で非常に神経を使いました。グラブに入る最後の最後まで油断ができないゴロが多くなったので、試合を終えた後の精神的な疲れが人工芝の頃とは全然違いましたね。