目次

[1]「軸」を意識した投球フォームのルーツはスキーにあった
[2]高い意識をもって自身の投打を磨く
[3]目指す選手像

 3年連続9度目の選抜出場を決めた大阪桐蔭。1人のスター候補が甲子園に登場する。その名は根尾 昂。岐阜県飛騨市出身で、小学校6年生の時には中日ドラゴンズジュニアに選抜され、2012年のNPBジュニアトーナメントに出場。その後、飛騨高山ボーイズに進み、中学生ながら最速146キロを計測し「スーパー中学生」として話題となった。

 その根尾は大阪桐蔭に進学。1年夏からベンチ入りし、1年秋には投手・野手を兼任。近畿大会智辯学園戦(試合レポート)では4番ショートとして登場し、本塁打を放ち勝利に貢献。スター選手としての階段を一歩ずつ登っている。

「軸」を意識した投球フォームのルーツはスキーにあった

根尾 昂選手(大阪桐蔭高等学校)

 小学校2年生から野球を始めた根尾。飛騨市立河合小では必ず部活動をしなければならない決まりがあり、野球部がなかったので根尾は陸上部とスキー部を掛け持ちしていた。
「陸上部に入ったのは、小さい時から足の速さには自信があったからです。また、冬になると飛騨は雪が降るので、スキーしかやることがなかったのでスキーをずっとやっていました」

 根尾は陸上で脚力を磨き、そしてジャンプの練習を繰り返すスキーで跳躍力を磨いていった。野球を始めた時から、根尾は人より速い球を投げることにこだわってきた。「速い球を投げたい、遠くへボールを投げたいという思いが今よりもずっとありました。当時は、それがどうしたら出来るかを考えて投げていたと思います」と振り返る。

 投手として岐阜県でも名を知られる存在となり、小学校6年時に出場したNPB12球団ジュニアトーナメントでは、巨人ジュニア戦に先発。試合には敗れてしまったが、120キロ後半の速球を披露した。小学生で120キロ後半はなかなか投げられるものではないが、その要因を根尾は、「スキーで身につけた体軸のバランスがあったから」だという。
「あの時から投球フォームのバランスを大事にしていました。バランスを大事にする考えはスキーの練習があったからだと思います。スキーの姿勢やジャンプするときに気を付けないといけないのは、体の軸が真っすぐになること。それができるための基礎練習をよくやっていましたので、それが野球につながったのかなと思います」

 この考えが、投手・根尾の土台となった。中学校では飛騨高山ボーイズに所属したが、さらにその理論が深まる。
「軸が真っすぐになっている投げ方になるには、猫背で投げないことです。自分にとって動きにくい形は、投球動作において妨げになりますので。猫背になると投げにくいので、僕は動きやすさと、効率良く動けるフォームと姿勢を求めていました」

 飛騨高山ボーイズでは、ランニングの基礎練習や、自体重系のトレーニングが中心で、ウエイトトレーニングはしたことがなかったというが、成長期により体が大きくなったことで、根尾は驚異的なスピードを出す。中学3年生の時に最速146キロを投げたのだ。だがこのとき、根尾は速い球を投げようと思っていなかったという。
「速い球を投げようというよりも、意識していたのは、軸の動きをどれだけ真っ直ぐに保ったまま投げることができるか。スピードについては体が大きくなったということもあって、いつの間にか上がっていた感じです。やはり軸がぶれたら体がうまく回りませんので」

 当時の根尾は、177センチ74キロ。大型投手ではないものの、140キロ台のストレートを投げられるのは、根尾の探究心の成果だ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。